広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 教養教育
講義コード 66220001 科目区分 社会連携科目
授業科目名 地域社会探検プロジェクト-インターンシップ・ボランティアを体験してみよう-
授業科目名
(フリガナ)
チイキシャカイタンケンプロジェクト-インターンシップ・ボランティアヲタイケンシテミヨウ-
英文授業科目名 Social Action Project through Service-Learning
担当教員名 森 玲子
担当教員名
(フリガナ)
モリ レイコ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中:詳細はもみじ教養HP参照(東広島開講)
授業の方法 講義・実習 授業の方法
【詳細情報】
講義,インターンシップ,ボランティア 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 21 : キャリア教育
対象学生 全学部
授業のキーワード インターンシップ ボランティア 地域社会 キャリア 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
社会連携科目です。 
学習の成果 
授業の目標・概要等  この授業では,地域社会に出ていき,地域や組織の人たちと一緒に,インターンシップ・ボランティア活動を体験することを通して,大学での学習の意味や将来の進路について考えるきっかけを作ることを目標とします。実際に企業でインターンシップに取り組んだり,地域社会でボランティア活動を体験することを通して,21世紀の人材に求められる課題発見解決力やチームワーク力を養成することを目指します。
 大学の学習は高校までと異なり「正解のない課題に取り組む」ことが重要で,自分で考える力が必要となります。キャンパスを飛び出し社会との接点を持つことで,視野を拡げ,人間関係作りにも積極的に取り組める人になってほしいと思います。 
授業計画 <はじめに>
第1回 コース説明および授業のねらい
第2回 大学で学ぶことと社会で生きること
第3回 地域・社会について知る
<活動への準備>
第4回 インターンシップ・ボランティア活動の進め方 1
第5回 インターンシップ・ボランティア活動の進め方 2
第6回 インターンシップ・ボランティア活動の事前研修
<地域社会探検活動>
第7回 インターンシップ・ボランティア 1 
第8回 インターンシップ・ボランティア 2
第9回 インターンシップ・ボランティア 3
第10回 インターンシップ・ボランティア 4 
第11回 インターンシップ・ボランティア 5
<まとめと活動報告>
第12回 個人による活動のまとめと評価
第13回 グループワークによるまとめと評価
第14回 活動報告会
第15回 まとめ 
教科書・参考書等 教科書は指定しません。必要な資料は配布します。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料)
フィールドワーク 
予習・復習への
アドバイス
第1回-第2回 講義の目的と進め方について確認・理解しましょう
第3回     地域社会について理解しましょう
第4回-第6回 インターンシップ・ボランティア活動に参加する準備を万全にしましょう
第7回-第11回 活動に全力で取組みましょう
第12回-第13回 活動のまとめと評価・反省点等をきちんと把握しましょう
第14回 活動の成果を報告します 
履修上の注意
受講条件等
1.1年生であればだれでも受講できます。
2.インターンシップ・ボランティア活動を取り入れます。学研災付帯賠償責任保険に必ず加入してください。
3.受講希望者が活動の受入可能数を上回った場合は抽選により受講者を決定します。
4.第1回から第6回までの講義は,7月開講の予定です。第7回から第11回までのインターンシップ・ボランティア活動は夏休み中に実施します。まとめ及び活動報告会は9月末を予定しています。日程の詳細はもみじで連絡します。 
成績評価の基準等 次の3点を総合的に評価します。
活動報告書(30%)・発表(30%)・最終レポート(40%) 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ