広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 教養教育
講義コード 66210201 科目区分 社会連携科目
授業科目名 キャリアデザイン講座-先輩プロフェッショナルが「あなたの未来」のために語る-
授業科目名
(フリガナ)
キャリアデザインコウザ-センパイプロフェッショナルガ「アナタノミライ」ノタメニカタル-
英文授業科目名 Career Design Course
担当教員名 江坂 宗春
担当教員名
(フリガナ)
エサカ ムネハル
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 水5-8:総K211
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義、演習、グループワーク、ディスカッション、発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 21 : キャリア教育
対象学生 1年生、2年生を視野に入れているが、自分のキャリアデザインを構築したい、そして、Life Planを考えたい学生なら、どなたでも大歓迎!
授業のキーワード キャリア、就活、人生、ライフプラン、働き方、企業、公務員、弁護士、税理士、食品、農業、マスコミ、銀行、教育、広告、電力、自動車、交通、千田塾(広島大学の全ての同窓生を対象として、同窓生の交流の場を提供し、ビジネスや地域社会の発展に貢献する会、会員700名以上)、広島大学卒業生、OB・OG、実務教員 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
グローバルキャリアデザインセンターが開講する社会連携科目。広島の様々な分野で活躍する広島大学の先輩の話を聞くことで「この4年間をどう過ごすか、どう目標設定をしていくべきか、自分に向いている仕事は何なのか、プロとは何なのか?」を、幅広く考えるきっかけにしてもらう。講師は全員が実務教員、広島経済界の第一線で活躍する経営者です。先輩だからこそ教えてもらえる各業界の話。広島大学を卒業してから現在に至るまでの働き方、生き方、考え方。そして、何を大切にして生きてきたか。社会や企業が欲している人物像。学生の時にやっておくべきこと等。先輩だからこそ後輩に本音で語ってもらい、まだ先の話だと思っている卒業後の自分について考え始める機会に。 
学習の成果 (1)一年生から「卒業後の仕事、社会人としての自分」をイメージして物事を考える力・習慣をつける。
 (2)様々な業界の話を聞いて自分が向いている業種・職種、やってみたい仕事を探し始めるきっかけに。
 (3)社会に出るにあたっての心構えを一年生時から意識化する。
 (4)学生時代を無駄にしないための、自分の軸づくりのサポート。
 (5)質疑は丁寧に行い、時間があれば簡単な討議もいれる。 
授業の目標・概要等 通常の大学の授業では経験できない、民間企業のトップ(実務教員)から、ビジネスの最前線のリアルな話を聞くことにより、現実の企業・仕事を理解する。氾濫する情報の渦の中で、情報を読み解き、自分で考える力を育成する。社会人になった自分、どんな業界で、どんなプロフェッショナルを目指すかをイメージする。 
授業計画 第1回  -はじめに-   
     江坂 宗春  (グローバルキャリアデザインセンター長)
 
          −いかに逆境をのりこえるか−  
          村上 清貴
          (株式会社 村上農園 代表取締役社長、総合科学部 1983年卒業。発芽野菜等の生産・販売(農業))
    
第2回  −私の公務員人生について−
     荒本 徹哉
    (株式会社 広島バスセンター 代表取締役社長、元 広島市副市長、政経学部1977年卒業。交通事業、元 公務員)
   
第3回  −地方で生活すること⁈−
     平岡 英雄
    (株式会社 西京銀行 代表取締役頭取、政経学部 1978年卒業。金融業・銀行)

第4回  −輝いて生きる−
     山坂 哲郎
    (株式会社 バルコム 代表取締役、教育学部 1977年卒業。輸入車販売)
     
第5回  −不易流行−
     中村 靖富満
    (株式会社 やまだ屋 代表取締役、生物生産学部 1985年卒業。菓子製造販売)

第6回  −中小企業の経営改革−
     渡辺 泰朗
    (株式会社 マイティネット 代表取締役社長、元 広島銀行執行役員、政経学部1980年卒業。IT・情報通信業)

第7回  −最高のアシスタントになること−
     今井 絵美
    (山下江法律事務所 秘書部長、法学部 2003年卒業。法曹界)

第8回  −広告・コミュニケーションで未来を創る−
     畑尾 武海
    (株式会社 中国四国博報堂 顧問、広島大学広報部長、総合科学部 1983年卒業。広告業)

第9回  −弁護士の仕事について−
     藤川 和俊
    (緒方・藤川法律事務所 弁護士、法学部 1986年卒業。法曹界・弁護士)

第10回  −新聞業界のこれからについて−
      北村 浩司
     (株式会社 中国新聞社 取締役、総合科学部 1984年卒業。マスコミ・新聞)

第11回  −女性のキャリア形成について−
      荒瀬 尚美
     (広島市 教育委員会 教育次長、教育学部 1983年卒業。教育界)

第12回  −地域の活性化と学生生活−
      前延 国治
     (広島中央環境衛生組合 副管理者、前 東広島市 総務部長、総合科学部 1980年卒業。元 公務員)

第13回  −自分の強みを活かす−
      奥土 順二
     (株式会社 中国放送 テレビ営業部長、教育学部 1992年卒業。マスコミ・テレビ)

第14回  −エネルギー事業に携わって−
      信末 一之
     (株式会社 エネルギア・ソリューション・アンド・サービス 取締役社長、元 中国電力 副社長、政経学部1977年卒業。電気事業)

第15回  ーまとめ ・ 最終レポートー
      下川 信宏
     (下川・柏信税理士法人 代表社員、経済学部 1990年卒業。税理士)


試験はなし。毎授業後のレポート(300字程度)及び、第15回目にまとめの最終レポートを書いて提出。 

今後の人生に絶対プラスになる授業です。就活の基礎編。あなたのLife Planを考えてみよう!キャリアデザインの構築に益になる授業です。 
教科書・参考書等 それぞれの講師のオリジナルテキスト 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像、スライド、音声教材, 
予習・復習への
アドバイス
毎回の授業を振り返りながら、自分の人生のため、キャリアデザイン構築のための参考にしてください。自分のLife Planをしっかり考えてください! 生き抜く力がつきます。 
履修上の注意
受講条件等
グローバルキャリアデザインセンターの開講授業である。講師は、すべて実務教員で、広島大学の卒業生(千田塾の会員)。後輩のために、多忙の中、講義をします。現役のビジネスマンばかりなので、発言内容について、受講後にSNS等に具体的に書き込むのは厳禁です。厳しい話もあるかもしれませんが、真剣に耳を傾け、質問も積極的に。 
成績評価の基準等 試験はなし。毎授業後のレポート(300字程度)及び、まとめの最終レポートで成績評価。
・毎授業後のレポートは、各講師が3段階(A=5点、B=4点、C=3点)で採点(5点×14回=70点満点)。
・まとめの最終レポートは30点満点。 
メッセージ 各業界の第一線で活躍してきた経営者の講義から、卒業後の「職業人」としての人生について、深く考えるきっかけ創りをして下さい。 
その他 【受講希望者が250人を超えたときは受講者抽選を行う可能性があります。】 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ