広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 教養教育
講義コード 65400101 科目区分 領域科目
授業科目名 機械工学入門
授業科目名
(フリガナ)
キカイコウガクニュウモン
英文授業科目名 Introduction to Mechanical Engineering
担当教員名 尾形 陽一,佐々木 元,菊植 亮,茨木 創一,大倉 和博,西野 信博,山本 元道,和田 信敬,曙 紘之,神名 麻智,松岡 雷士,KIM WOOKYUNG,田中 憲一,濱崎 洋,關谷 克彦
担当教員名
(フリガナ)
オガタ ヨウイチ,ササキ ゲン,キクウエ リョウ,イバラキ ソウイチ,オオクラ カズヒロ,ニシノ ノブヒロ,ヤマモト モトミチ,ワダ ノブタカ,アケボノ ヒロユキ,カンナ マチ,マツオカ レオ,キム ウキョン,タナカ ケンイチ,ハマサキ ヒロシ,セキヤ カツヒコ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 月1-4:総K210
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心. 
単位 2 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 機械工学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 本授業では工学部第一類の教員が,各自の専門分野の基礎を工学以外が専門の学生に紹介する.1回完結のオムニバス形式の授業を行う.最新の機械工学の基礎的な概念を分かりやすく説明する.本授業を受講することにより機械工学の幅広い分野の基礎にふれることができる. 
授業計画 第1回 ガイダンス,身の回りの生活における流れの利用(尾形陽一)
第2回 ものつくり分野における3次元計測技術の基礎(茨木創一)
第3回 ロボット工学における機械力学の役割(菊植亮)
第4回 制御システムのモデルベース開発(和田信敬)
第5回 自律システム入門(大倉和博)
第6回 機械加工技術と生活(關谷克彦)
第7回 材料物理学の基礎(佐々木元)
第8回 金属材料の溶接・接合(山本元道)
第9回 核融合研究の歴史と現状(西野信博)
第10回 金属の疲労と破壊(曙紘之)
第11回 金属塑性加工とCAE技術の基礎(濱﨑洋)
第12回 がん治療の工学(田中憲一)
第13回 原子・光・プラズマ物理入門(松岡雷士)
第14回 バイオマスの熱利用(神名麻智)
第15回 燃焼と爆発(金佑勁)



期末試験は実施しない.各回においてレポートあるいは小テストを課す. 
教科書・参考書等 教科書・参考書は使用しない. 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
毎回機械工学における異なる分野に関する授業を行う.予習では授業計画の題目から不明な用語を調べておくこと.また,復習では配付資料で興味のある内容をさらに勉強すること. 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 成績は,各回におけるレポートあるいは小テスト(80%),および取組態度(20%)で評価し、合計100点満点で60点以上を合格とする. 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ