広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 教養教育
講義コード 62161002 科目区分 領域科目
授業科目名 現代社会学B
授業科目名
(フリガナ)
ゲンダイシヤカイガクB
英文授業科目名 Modern SociologyB
担当教員名 福田 恵
担当教員名
(フリガナ)
フクダ サトシ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 木5-8:総K211
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 社会学
対象学生  
授業のキーワード 社会学、エートスとアノミー、家族とジェンダー、地域と日本社会、医療と福祉 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等   「社会」はつかみ所のない存在です。時に社会は、私たちの前に対峙し、様々な矛盾や困難を与えますが、そればかりではなく、この世に生きる意味や希望を指し示し、数え切れない便利な仕組みを提供してくれます。「社会」とはそもそも何なのでしょうか。
 通常、私たちは、自らの経験や常識的な見解(たとえば、高校の社会科の知識やテレビ、インターネットの情報など)に基づいて、この「社会」を理解しようとしています。社会学は、個々人がイメージする社会像や人々の身近に張り付く社会を相対化し、社会科学的な分析方法を提供する学問です。
 講義では、社会学特有の諸概念(関係・集団・行為・規範・逸脱・社会化等)と、社会学を創始した学者の研究(富の蓄積や自殺の研究)、最も基礎的なテーマ(家族、地域)及び応用的ないくつかのテーマ(環境、医療、福祉)を通して、身近にありながら曖昧な存在でもある「社会」に対する専門的思考方法について解説します。 
授業計画 第1回 社会学という学問① ~ 社会学の基礎概念
第2回 社会学という学問② ~ 社会学の目的
第3回 近代社会論 ~ お金を貯める行為はいかに生まれたのか?
第4回 現代社会論 ~ 現代人の光と陰とは?
第5回 自殺論 〜 人はなぜ自殺するのか?
第6回 アノミー論 ~ 逸脱の社会的背景
第7回 家族・婚姻・ジェンダー① 〜 血のつながり、結婚、女らしさと男らしさとは?
第8回 家族・婚姻・ジェンダー② ~ アジアの中の日本の家族と現代的課題
第9回 地域社会と日本社会① ~ なぜ人々は集団的に行動するのか?
第10回 地域社会と日本社会② ~ 地域の仕組みと自然資源の管理
第11回 医療と福祉① ~ 医療・福祉の近代化をめぐる問題
第12回 医療と福祉② ~ 「生」をめぐる新たな方向
第13回 まとめ①
第14回 まとめ②
第15回 まとめ③

期末レポート 
教科書・参考書等 教科書なし。
 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
毎回、予習課題があります。
社会学の事典・辞典を使用して、社会学のさまざまな用語を調べるようにして下さい。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 小レポート50%、期末レポート50% 
メッセージ 基礎的な知識がない場合は、十分に予習してから受講してください。 
その他 【受講希望者が250人を超えたときは受講者抽選を行う可能性があります。】 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ