広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 理学研究科博士課程前期
講義コード Q9285000 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 地球惑星システム学特別講義(測量学)
授業科目名
(フリガナ)
ソクリョウガク
英文授業科目名 Surveying
担当教員名 木戸 元之,中久喜 伴益
担当教員名
(フリガナ)
キド モトユキ,ナカクキ トモエキ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 地球惑星科学
対象学生  
授業のキーワード 測地・測量、地球の形、GPS、海底測位、地殻変動、巨大地震 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
測地学・測量学は地球惑星科学の最も基本的な分野の1つである。 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 測地学・測量学の基礎、およびそれに基づいたGPS・海底測位を学習し、
地殻変動を通した巨大地震・津波予測などについて理解する 
授業計画 第1回 三角測量・三辺測量
第2回 水準測量・標高
第3回 測地系・地球の形
第4回 重力と地球の自転
第5回 潮汐
第6回 大航海時代
第7回 船上計測技術
第8回 宇宙測位技術
第9回 GPS
第10回 音響測距
第11回 海底測位
第12回 地震と断層
第13回 地殻変動
第14回 巨大地震
第15回 津波の早期警報 
教科書・参考書等 講義内容について深く勉強したい場合の参考に。
・共立出版「測地・地球物理」 檀原毅・友田好文(絶版・中古)
・技報堂出版「測地学入門 -地球上の位置の決定-」西修二郎
・日刊工業新聞社「図解よくわかる 衛星測位と位置情報」久保信明
・成山堂書店「海洋音響の基礎と応用」海洋音響学会
・共立出版「測地・津波」藤本博己・三浦哲・今村文彦 
授業で使用する
メディア・機器等
PCプロジェクタ(パワーポイント) 
予習・復習への
アドバイス
授業で学習した知識を,自分の言葉で説明できることを目標に復習して下さい。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業態度・小テスト 
メッセージ 測地・測量は地球を研究する際の最も基礎となるデータを与えると同時に、
地震や津波などの防災の最前線でも役に立っています。
測量の精度を極限まで高めるためには、地球そのものの振る舞いの理解の他、
様々な技術やアイデアが必要です。有機的にからみあったこれらの分野を
なるべくわかりやすく解説します。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ