広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 理学研究科博士課程前期
講義コード Q2036001 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 放射光物性セミナー
授業科目名
(フリガナ)
ホウシャコウブッセイセミナー
英文授業科目名 Synchrotron Radiation Materials Science Seminar
担当教員名 生天目 博文,島田 賢也,佐藤 仁,奥田 太一,澤田 正博,松尾 光一,宮本 幸治,泉 雄大,SCHWIER EIKE FABIAN
担当教員名
(フリガナ)
ナマタメ ヒロフミ,シマダ ケンヤ,サトウ ヒトシ,オクダ タイチ,サワダ マサヒロ,マツオ コウイチ,ミヤモト コウジ,イズミ ユウダイ,シュヴィアー アイケ ファビアン
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 月7-8:*教員研究室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
放射光科学に関する文献を調べ,その内容について発表を行なう。
発表においてはプロジェクターを用いたプレゼンテーションを行なう。 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 7 : 大学院発展的レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 物理学
対象学生 博士課程前期
授業のキーワード 放射光、光電子分光、多体効果、固体物理学,表面科学 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 放射光を用いた光電子分光法による物性研究および関連する技術および理論について習得する。
 
授業計画 イントロダクション
輪講
輪講
輪講
輪講
輪講
輪講
輪講
輪講
輪講
輪講
輪講
輪講
輪講
輪講

発表

光電子分光に関する英文の教科書、もしくは放射光装置学ならびに最近の放射光を用いた物性研究に関する論文を輪講形式で行う。 
教科書・参考書等 テキストとして「Photoelectron Spectroscopy」Stefan Huefner著
Springer その他、専門雑誌等に記載された英語論文などを教材とする。
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト 
予習・復習への
アドバイス
予習し,テキスト以外に文献などを適宜調べ内容をわかりやすく発表できるようにする。 
履修上の注意
受講条件等
特になし 
成績評価の基準等 出席とゼミでの発表を主とする。
 
メッセージ 文献を読んで内容を理解し分かりやすく説明することや、他人の発表を聞いて質問等をすることは、社会で必要とされる能力の重要な訓練となる。専門的な知識を習得することも重要ですが、自己鍛錬のつもりで望んでほしい。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ