広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 教育学研究科博士課程前期
講義コード NMF20100 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 技術内容学演習V(技術とコンピュータ)
授業科目名
(フリガナ)
ギジュツナイヨウガクエンシュウV(ギジュツトコンピュータ)
英文授業科目名 Seminar on Technology V (Technology and Computer)
担当教員名 川田 和男
担当教員名
(フリガナ)
カワダ カズオ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 木1-4:教D108
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義、演習、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 教科教育学
対象学生  
授業のキーワード 高等学校工業科,高等学校情報科,中学校技術・家庭科技術分野,コンピュータ,教材開発 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 高等学校工業科,高等学校情報科ならびに中学校技術・家庭科技術分野に関連して,アルゴリズムの講義・演習を通して,ものづくりに関する基礎知識を身につける。
本授業では,コンピュータを用いたものづくり(中学校技術家庭科技術分野,高等学校工業科,高等学校情報科における教材開発)について理解を深める。 
授業計画 第1回ガイダンス
第2回機械学習を用いた教材・教具
第3回機械学習を用いた機械設計Ⅰ
第4回機械学習を用いた機械設計Ⅱ
第5回機械学習を用いた機械設計Ⅲ
第6回機械学習を用いた機械設計Ⅳ
第7回機械学習を用いた機械設計Ⅴ
第8回機械学習を用いた機械設計Ⅵ
第9回機械学習を用いた機械設計Ⅶ
第10回機械学習を用いた計測・制御Ⅰ
第11回機械学習を用いた計測・制御Ⅱ
第12回機械学習を用いた計測・制御Ⅲ
第13回機械学習を用いた計測・制御Ⅳ
第14回機械学習を用いた計測・制御Ⅴ
第15回まとめ

授業ごとにレポートおよび作品提出 
教科書・参考書等 適宜指定する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
授業時間内ですべての内容を細かく説明することは不可能なので,授業で説明のあったところはきちんと復習を行うこと。 
履修上の注意
受講条件等
プログラミンができることを前提として授業を行う。プログラミングができない場合は自学して臨むこと。 
成績評価の基準等 レポート70%,作品30%により評価を行う。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ