広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 工学部
講義コード K7368030 科目区分 専門教育科目
授業科目名 情報分子生物学
授業科目名
(フリガナ)
ジョウホウブンシセイブツガク
英文授業科目名 Molecular Bioinformatics
担当教員名 久米 一規,中島田 豊,田島 誉久
担当教員名
(フリガナ)
クメ カズノリ,ナカシマダ ユタカ,タジマ タカヒサ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 水3-4,金3-4:工113
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義、および一部演習 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 生物工学
対象学生 平成29年度入学生及び過年度生
授業のキーワード ゲノム情報、ゲノミクス、プロテオミクス、メタボロミクス、システムバイオロジー 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
・第三類専門科目の中で専門細目分野で「C: 生物工学・生命科学の基礎と応用」に属し、研究者・技術者として必要となる工学基礎学力を身につけた上で,専門的な技術に関する知識や理解を深める。
・この授業の前提となる主な科目:分子生物学I, II、生物化学I, II、発酵工学など 
到達度評価
の評価項目
生物工学プログラム
(知識・理解)
・生物工学及び生命科学の基礎および応用知識の修得(到達目標C・講義科目) 
授業の目標・概要等 近年、ゲノム配列情報をはじめとして様々な生物情報の蓄積が行われてきており、これらの大規模情報を使いこなす技術が必要となってきている。本講では、このような生物情報の取得、解析、利用の基礎ならびに生命倫理との関連について解説する。

 なお,「知識・理解」,「能力・技能」の評価項目は,下記のとおりである。
・生物工学プログラムにおける「知識・理解」のうちで、「(C-3)構造基盤としての塩基・アミノ酸配列情報の活用,生体分子の高速解析,微生物の発酵制御,代謝解析に必要となるソフトウェア活用技術,及びプログラミング法の基本技術を身につけ,活用する能力」 
授業計画 第1回 バイオインフォマティクスとは(第1章 1.1)
第2回 バイオインフォマティクスを理解するための分子生物学復習(第1章 1.2.1-1.2.9)
第3回 DNA・タンパク質配列解析法1-相同配列比較・モチーフ・機能予測(第2章 2.1.1-2.1.5)
第4回 DNA・タンパク質配列解析法2-PC実習(clustalW、分子系統解析)
第5回 タンパク質の立体構造解析1-意義、構造の比較と分類(第2章 2.2.1-2.2.2)
第6回 タンパク質の立体構造解析2-立体構造予測(第2章 2.2.3-2.2.5)
第7回 ゲノム塩基配列解析1-配列決定法、遺伝子予測・機能予測・分類(第3章 3.1.1-3.1.8)
第8回 ゲノム塩基配列解析2-PC実習(ゲノム解析)
第9回 トランスクリプトーム(第3章 3.2.1)
第10回 プロテオーム(第3章 3.2.2)
第11回 代謝経路解析1-代謝データベース・代謝経路探索・機能予測(第3章 3.3.1-3.3.5)
第12回 代謝経路解析2-PC実習(代謝経路解析)
第13回 システム生物学1-システム同定・推定と解析(第3章 3.4.1-3.4.3)
第14回 システム生物学2-システム制御-設計(第3章 3.4.4-3.4.5)
第15回 まとめ 復習

期末テスト、および適時レポートを要求

第15回後に期末テストを行います。 
教科書・参考書等 教科書)「はじめてのバイオインフォマティクス」、藤博幸(編)、講談社サイエンティフィク
参考書)「バイオインフォマティクス」、美宅成樹・榊佳之(編)、東京化学同人(手法をより詳しく理解することができます。)「よくわかるバイオインフォマティクス」、藤博幸(編)、講談社 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
教科書を中心に予習・復習をすること。
疑問点は授業中に積極的に質問して理解して欲しい。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 「授業の目標」の到達度は期末試験により評価する。成績評価はレポート点を加えた総合評価により決定する。これらの配分は、レポート(30%程度)、期末試験(70%程度)とする。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ