広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 工学部
講義コード K5202010 科目区分 専門教育科目
授業科目名 流体機械
授業科目名
(フリガナ)
リュウタイキカイ
英文授業科目名 Fluid Machinery
担当教員名 西田 恵哉
担当教員名
(フリガナ)
ニシダ ケイヤ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 月3-4,木3-4:工105
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心,板書多用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 機械工学
対象学生 第一類 3年次生
授業のキーワード ポンプ,圧縮機,水車,風車,圧縮性・非圧縮性流体  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
機械システム工学系プログラム
(能力・技能)
・機械システム工学の基礎の確実な習得と応用力の養成 
授業の目標・概要等 ポンプや圧縮機などで代表される流体機械は,流体と機械部分の間でエネルギー授受を行なう一種のエネルギー変換器で,流体を扱うプラントや工場では多岐にわたって用いられている重要な工業機械である.本講義では3年前期までで学んだ流体力学・流体工学が,どのように工学的に応用されているかを学ぶ.

なお,「知識・理解」,「能力・技能」の評価項目は,下記のとおりである.
本講義では主にターボ形の流体機械について述べ,流体機械の動作原理や機構を理解する.
(1)流体機械の種類や構造について理解・説明できる能力を修得する.(B)
(2)流体機械の作動原理や性能の計算方法について理解・説明できる能力を修得する.(B)
(3)流体機械の運転や取り扱い方法について理解・説明できる能力を修得する.(B)
 
授業計画 第1回 ターボ形ポンプ一般:各種ターボ形ポンプに共通な作動原理・性能(1)
第2回 ターボ形ポンプ一般:各種ターボ形ポンプに共通な作動原理・性能(2)

第3回 ターボ形ポンプ一般:各種ターボ形ポンプに共通な作動原理・性能(2)

第4回 管内損失、損失ヘッド
第5回 ターボ形ポンプ一般:非圧縮性流体の有効仕事(1)
第6回 ターボ形ポンプ一般:非圧縮性流体の有効仕事(2)
第7回 ターボ形ポンプ一般:圧縮性流体の有効仕事(1)

第8回 ターボ形ポンプ一般:圧縮性流体の有効仕事(2)

第9回 容積型流体機械 : ピストン
第10回 遠心ポンプ(1) ポンプ内部(羽根車内)の流れ
第11回 遠心ポンプ(2) 作動原理、構造
第12回 遠心ポンプ(3) 性能評価、設計手順の概要
第13回 軸流ポンプ(1) 単純平衡方程式
第14回 軸流ポンプ(2)性能評価
    相似則とその利用法
第15回 総まとめ

期末試験
適宜,レポートを出します. 
教科書・参考書等 講義形式:講義中心,板書多用
教科書 :大橋秀雄著,流体機械(森北出版)
使用する視聴覚教材の種類:パワーポイント(適宜)
 
授業で使用する
メディア・機器等
適宜配付資料を配布,教科書使用. 
予習・復習への
アドバイス
1.「流体の力学」「流体工学I,II」で習得した内容を具体的に用いる事になる.
2. 流体工学I,IIの講義内容・教科書・ノート,数学を復習する事.扱う流体によって「圧縮性(空気等の気体)・非圧縮性(水等の液体)」両方の知見が必要になる.
3.講義内容を問わず,各自調べてみて講義内容と合わせてみる.
 
履修上の注意
受講条件等
流体の力学,流体工学I,流体工学II,熱力学を履修しておくことが望ましい. 
成績評価の基準等 成績評価は授業目標の到達度に日頃の学習態度を加えた総合評価により決定し,60%以上を合格とする.これらの配分は期末試験(80%),レポート(20%)とする。 
メッセージ 質問がある場合は,オフィスアワーなどを使って来室してください. 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ