広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 工学部
講義コード K5026012 科目区分 専門教育科目
授業科目名 熱力学I
授業科目名
(フリガナ)
ネツリキガク 1
英文授業科目名 Thermodynamics I
担当教員名 松村 幸彦
担当教員名
(フリガナ)
マツムラ ユキヒコ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 月3-4,水3-4:工218
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 機械工学
対象学生 工学部第一類 2011年度入学生および過年度生
授業のキーワード 状態量と状態変化、熱力学第1法則、熱力学第2法則、サイクル 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
機械システムプログラム
(能力・技能)
・機械システム工学の基礎の確実な習得と応用力の養成

輸送システムプログラム
(知識・理解)
・環境・流体工学分野
輸送機器及び環境共生に関わる環境・流体工学分野の専門知識
(能力・技能)
・環境・流体工学分野
輸送機器及び環境共生に関わる環境・流体工学分野の専門知識を問題解決に応用できる能力


材料加工プログラム
(能力・技能)
・機械システム工学および材料創生・加工の基礎の確実な習得と応用力の養成

エネルギー変換プログラム
(能力・技能)
・機械システム工学の基礎の確実な習得と応用力の養成 
授業の目標・概要等 熱力学は,物質の熱的状態やその変化を扱う幅の広い基本的な学問であり,原動機や冷凍機器をはじめ,各種エネルギー関連機械の基本となっている.本講義では,その基礎概念や理想気体,実在気体,基本的サイクルにおける熱力学的関係式について学習する.本講義の受講により,学生は,熱力学に関する基礎学力を身につけ,各種エネルギー機器の性能を理解したり設計したりする下地を作ることができる(B).
 
授業計画 第1回 工業熱力学の基礎的事項

第2回 熱力学第1法則

第3回 熱力学第2法則

第4回 エントロピー

第5回 一般的な熱力学関係式(1)

第6回 一般的な熱力学関係式(2)

第7回 落穂ひろい

第8回 演習(1)

第9回 理想気体

第10回 ガスサイクル(1)

第11回 ガスサイクル(2)

第12回 演習(2)

第13回 実在気体

第14回 相と相平衡

第15回 演習(3)


期末試験を行う。理解を深めるため毎回課題を出す。その回答は次の講義の最初に解説し、その後、各自で採点して再提出する。試験の成績が合格点に達しない時に成績評価の参考とする。 
教科書・参考書等 教科書:松村幸彦・遠藤琢磨「熱力学」朝倉書店 (2015)
参考書:牧野州秀・芹澤昭示 「例題で学ぶ工業熱力学」 森北出版 (2007) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
教科書をしっかり勉強すること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 「授業の目標」の各項目の到達度は筆記試験により評価する.成績評価は基本的には授業目標の到達度により決定し,60%以上を合格とする.評点は期末試験(80 %)と毎回の講義で行う小テスト(20 %)によって決定する。ただし合格点に達しない場合についてのみ宿題の提出状況を満点の20%の範囲まで考慮する。 
メッセージ 「授業の目標」の各項目の末尾に示されている(A)-(E)は第一類の学習・教育目標を表している(詳細は以下のホームページを参照)。
 http://home.hiroshima-u.ac.jp/mec/1rui/
 
その他 ホームページを利用する。 
http://home.hiroshima-u.ac.jp/~hpthermo/heat/
 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ