広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 医学部保健学科看護学専攻
講義コード I3023101 科目区分 専門教育科目
授業科目名 基礎看護実習I
授業科目名
(フリガナ)
キソカンゴジッシュウ1
英文授業科目名 Clinical Practice in Fundamental Nursing Care I
担当教員名 宮下 美香,梶原 弘平,角甲 純
担当教員名
(フリガナ)
ミヤシタ ミカ,カジワラ コウヘイ,カコウ ジュン
開講キャンパス 開設期 1年次生   前期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
ディスカッション、学生の発表、野外実習 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 保健学科看護学専攻1年生
授業のキーワード 治療・療養環境、看護、多職種連携,実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
看護学プログラム
(能力・技能)
・根拠に基づき,看護を計画的に実践する能力の知識と理解
・対象の健康課題を根拠に基づいて査定する能力 
授業の目標・概要等 自立した生活を送ることが難しい人を支える治療・療養環境を理解し、そこで働く看護師、及びその他の医療・福祉専門職の役割を知ることにより、看護師としての専門的役割と他職種との連携を考察する。併せて、看護職者となることの自覚を持ち、学習者としての態度を身に付ける。 
授業計画 レポート課題:自立した生活を送ることが難しい人を支える治療・療養環境/介護・生活環境と看護師の役割
詳細については、オリエンテーションの際に説明します。

1)自立した生活を送ることが難しい人を支える治療・療養環境を理解する。
  (1)物理的環境として、建物の構造、設備と機能、医療機器、生活を支える用具・機器を理解する。
  (2)人的環境として、組織の構造(どのような職種の人がどのような役割を持ち働いているか)、診療科、部門を理解する。
2)専門的な医療を提供する施設の特徴を理解する。
3)専門的な医療を必要とする人の特徴を理解する。 
4)自立した生活を送ることが難しい人を支える看護師の役割を理解する。
5)自立した生活を送ることが難しい人を支えるチーム医療の実際を理解する。
6)チーム医療における看護の役割と他職種との協働・連携を考察する。
7)看護職者となることの自覚を持ち、医療専門職者を目指す学習者としての態度を身に付け、主体的に学習する。
8)実習指導者、実習施設の職員に対し、学習者として適切な態度で接する。 
教科書・参考書等 オリエンテーションの際に伝えます。 
授業で使用する
メディア・機器等
実習要項、配布資料 
予習・復習への
アドバイス
実習施設の役割や機能について、ホームページ等を活用し調べて下さい。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 評価を受けるには、実習日数の5分の4以上の出席が必要、それに満たない場合は単位を認定しない。なお、遅刻、早退は時間に関わらず欠席0.5日として扱う。
単位認定に関わる評価は、以下のものを総合して行う。
1)目標への到達度
2)実習記録
3)実習レポート
4)出席状況
5)態度 
メッセージ  
その他 看護師業務に携わった経験を持つ教員が、患者・高齢者施設利用者に対する看護に必要な基本的知識と技術を教授する。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ