広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 理学部
講義コード HM460000 科目区分 専門教育科目
授業科目名 地球惑星システム学実習B
授業科目名
(フリガナ)
チキュウワクセイシステムガクジッシュウB
英文授業科目名 Practice of Earth and Planetary Systems Science B (Experimental Study)
担当教員名 須田 直樹,佐藤 友子,薮田 ひかる,中久喜 伴益,井上 徹,川添 貴章
担当教員名
(フリガナ)
スダ ナオキ,サトウ トモコ,ヤブタ ヒカル,ナカクキ トモエキ,イノウエ トオル,カワゾエ タカアキ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 金5-8:理A017
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
実験・実習 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 地球惑星科学
対象学生 3年生
授業のキーワード データの統計処理、数値計算、各種地球物理・地球化学データの計測および解析 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
データ計測およびデータ解析の基礎を扱う、本学科の実習的授業の根幹をなす講義です。出席することに意味がありますので、必ず毎回出席し、効果的な実習を行って下さい。 
到達度評価
の評価項目
地球惑星システム学プログラム
(能力・技能)
・関連する文献を読み,その内容を理解する力を身につける
・野外調査の手法を学び,その結果をまとめて発表する能力を身につける
・地球科学関連データの提示・収集・吟味・解析の手法を学び実践する力を身につける 
授業の目標・概要等 1)データの取り扱いや誤差論の初歩を習得する
2)様々な機器の取り扱い方,データ解析,まとめ方を習得する 
授業計画 第1回(須田・佐藤)
総合ガイダンス,測定と実験の心構え
実習に当たっての心得,測定量に関する誤差の概念を学ぶ。
第2回(佐藤)
測定データの取り扱い・正規分布・標準偏差
誤差の取り扱いの中で重要な役割を果たす正規分布について学ぶ。
第3回(佐藤)
最小2乗法
観測データの解析方法として使われる最小二乗法の概念について学ぶ。
第4回 重力の基礎・演習(須田)
重力の基礎を学び,演習で確認する。
第5回 重力測定1(須田)
シントレクス重力計を用いた重力測定を行ない、重力の鉛直勾配を求める。
第6回 重力測定2(須田)
シントレクス重力計を用いた重力測定を行ない、重力の鉛直勾配を求める。
第7回 クロマトグラフィー(薮田)
身近な材料を用いてクロマトグラフィーの基礎実習を行い、混合物を分離し物質を同定定量する手法を学ぶ。
第8回 分光法(薮田)
簡易分光器作成、および分光分析の基礎実習を行い、光のスペクトルから物質を同定定量する手法を学ぶ。
第9回 放射光(薮田)
学内の放射光科学研究センターHiSORを見学し、放射光の性質と多分野への応用について学ぶ。
第10回 粉末X線回折法の基礎・測定(井上・川添)
粉末X線回折法について学ぶ。
第11回 粉末X線回折データ解析(井上・川添)
粉末X線回折データの解析法について学ぶ。
第12回 格子定数・密度の計算(井上・川添)
鉱物の格子定数及び密度の計算法を学ぶ。
第13回 数値計算とシミュレーション1(中久喜)
Excelを用いて簡単な数値計算を行う。
(キーワード:数値計算,フーリエ級数,熱伝導)
第14回 数値計算とシミュレーション2(中久喜)
Excelを用いて簡単な数値計算を行う。
(キーワード:数値計算,フーリエ級数,熱伝導)
第15回 数値計算とシミュレーション3(中久喜)
Fortranを用いて簡単な数値計算を行う。
(キーワード:数値計算,フーリエ級数,熱伝導)

各実験課題終了後,指示に従って実験結果をまとめ科学的な考察とともにレポートを提出 
教科書・参考書等 実習形式,レポート重視 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,パソコン 
予習・復習への
アドバイス
各回の実験の目的を必ず事前に整理し、目的意識を持って実験に臨むこと。テーマごとにレポートがありますので、実験後のデータの整理等も必須です。せっかく行った実験を無駄にしないためにも、予習・復習を怠らないようにして下さい。 
履修上の注意
受講条件等
実験・実習は実際に経験することに意味があるので、基本的に欠席は認められません。実験・実習は予習をして効率的に行わないと、しばしば予定授業時間を超えてしまうことに留意してください。特に実験・実習の際には動きやすい服装で来てください。サンダル履きは厳禁です。またデータ処理等のために、関数電卓を持参のこと。 
成績評価の基準等 レポートにより評価 
メッセージ 元気に、前向きに、楽しく頑張りましょう. 
その他 この授業科目は,教職実践演習を受講するために必要な教員免許ポートフォリオに関係する科目です。
教職実践演習は,教員として必要な知識技能などが習得できていることを確認する授業です。
教員として必要な知識技能などを習得しているという証拠や振り返るための資料として,この授業には次のキーワードが設定されています。これらのキーワードを基にして各自で振り返りを行い,教職実践演習への活用に役立てて下さい。
1.誤差論,2.測定,3.データ解析・数値計算,4.レポートのまとめ方 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ