広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 教育学部
講義コード CC423805 科目区分 専門教育科目
授業科目名 食物学実験
授業科目名
(フリガナ)
ショクモツガクジッケン
英文授業科目名 Experiment in Food Sciences
担当教員名 松原 主典
担当教員名
(フリガナ)
マツバラ キミノリ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 火5-10:教B501
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、作業、薬品使用 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 教科教育学
対象学生 人間生活系コース学生
授業のキーワード 食品分析、食品成分、食品の評価 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
食物に関わる事項を実験科学的理解するために提供される。また、食品成分の分析方法を中心に基礎的な化学実験技術を習得する。 
到達度評価
の評価項目
人間生活教育プログラム
(知識・理解)
・中等人間生活系教育および人間生活系内容領域の研究を行うための基本的な知識
(総合的な力)
・中等教育, 生涯活動教育およびそれらの人間生活系内容領域に関わる研究を計画,設計,実行し,その結果を分析・検討する能力 
授業の目標・概要等 食物に関する各種実験・分析方法の基礎技術を理解し習得する。また、レポートの書き方などを学ぶ。 
授業計画 第1回 実験に関するオリエンテーション
第2回 食品微生物1
第3回 食品微生物2
第4回 タンパク質の分析1
第5回 タンパク質の分析2
第6回 糖の分析1
第7回 糖の分析2
第8回 脂質の分析1
第9回 脂質の分析2
第10回 ミネラルの分析1
第11回 ミネラルの分析2
第12回 ビタミンの分析1
第13回 ビタミンの分析2
第14回 食品に含まれる機能成分の評価
第15回 PCR法による遺伝子の検出

レポートを課す。 
教科書・参考書等 プリント配付 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
第1回 実験に関する諸注意について十分理解すること。
第2回 食品微生物の取り扱いについて理解すること。
第3回 食品微生物の機能について理解すること。
第4回 タンパク質分析方法の原理について理解すること。
第5回 タンパク質分析方法を習得すること。
第6回 糖分析方法の原理を理解すること。
第7回 糖分析方法を習得すること。
第8回 脂質分析方法の原理を理解すること。
第9回 脂質分析方法を習得すること。
第10回 ミネラル分析方法の原理を理解すること。
第11回 ミネラル分析方法を習得すること。
第12回 ビタミン分析方法の原理を理解すること。
第13回 ビタミン分析方法を習得すること。
第14回 食品に含まれる機能成分の評価方法を理解すること。
第15回 PCR法による遺伝子の検出原理を理解すること。
 
履修上の注意
受講条件等
原則として3年生を優先するが、施設・設備の関係により、受講人数には制限がある。
実験内容の理解には食品・栄養学の知識が必要であることから、4セメスターの食品科学と食生活栄養学を受講していることが望ましい。
教科専門科目、家庭科(食物)
 
成績評価の基準等 実験に取組む姿勢、レポートにより評価する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ