広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 教育学部
講義コード CC236304 科目区分 専門教育科目
授業科目名 ハードウェア概論
授業科目名
(フリガナ)
ハードウェアガイロン
英文授業科目名 Introduction to Hardware
担当教員名 田中 秀幸
担当教員名
(フリガナ)
タナカ ヒデユキ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 火1-4:教C310
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心,実習・演習を含む. 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 教科教育学
対象学生 原則的に他学部生の受講は認めない.
授業のキーワード ・ハードウェア
・マイクロコントローラ(PIC)
・C言語
・計測制御 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
この授業の内容は「ディジタル制御の理解」の学習内容に継続発展する. 
到達度評価
の評価項目
中等教育科学(技術・情報)プログラム
(知識・理解)
・ハードウェア(情報表現を含む)に関する知識が身に付いている
(能力・技能)
・ハードウェアに関する知識を用いて,ハードウェア(回路)の設計・製作・評価を行うことができる 
授業の目標・概要等 この授業では,高等学校工業科,ならびに中学校技術・家庭科「情報とコンピュータ」に関連して,講義を行う.マイクロコントローラ(PIC)および C言語を用いた実習を通して,計測・制御に必要なハードウェアに関して理解を深め,実践的な能力を養う.  
授業計画 第1回 授業ガイダンス
第2回 C言語の基礎
第3回 C言語の制御文
第4回 C言語によるPICマイコン用開発環境
第5回 C言語によるPICの特殊機能レジスタの操作
第6回 C言語によるPICマイコンのビット演算
第7回 状態遷移図
第8回 回路図と実体配線図
第9回 モータードライバと可変抵抗
第10回 モーターの正転と逆転
第11回 PIC マイコンからのモーターの操作
第12回 モーターのノイズ
第13回 AD変換とコンパレータ
第14回 PICによるPWM信号の発生
第15回 まとめ 
教科書・参考書等 資料を配布する. 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,音声教材.ノートパソコンを持ってきてください. 
予習・復習への
アドバイス
コンピュータのハードウェアが理解できていないとPICプログラミングは行えないので,必要に応じてハードウェア教材演習の復習を行うこと.  
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業中の活動,実技試験,レポート,テスト等による総合的評価  
メッセージ ハードウェア教材演習で学んだPICの特殊レジスタ及びブレッドボードの扱い方を基礎としています.この授業で作成したレポートは卒業まで取っておいてください. 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ