広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 教育学部
講義コード CC110615 科目区分 教職専門科目
授業科目名 道徳教育指導法
授業科目名
(フリガナ)
ドウトクキョウイクシドウホウ
英文授業科目名 Methodology on Moral Education
担当教員名 山内 規嗣,鈴木 由美子,宮里 智恵
担当教員名
(フリガナ)
ヤマウチ ノリツグ,スズキ ユミコ,ミヤサト トモエ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 月5-8:教L205
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義形式中心
 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 教育学
対象学生 クラス指定あり
授業のキーワード 道徳教育、道徳授業 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
「第3ステップ:初等教育教員としての実践的知識・態度・技能」の専門基礎科目群に位置付く 
到達度評価
の評価項目
初等教育教員養成プログラム
(能力・技能)
・児童の実態を踏まえて,小学校における学習指導案を設計し,展開することができる(実践的学習指導力)

特別支援教育教員養成プログラム
(知識・理解)
・基礎免許となる初等教育の意義や教職,教科指導の理論と方法に関する基本的な知識・理解が備わっている。 
授業の目標・概要等 この授業の目標は、道徳教育のあり方について歴史的社会的に考察し、学校における道徳教育ならびに道徳授業を行うための基本的な知識と技能について学ぶことである。
 
授業計画 第1回:タイプ別学習指導案のつくり方

第2回:心情タイプの学習指導案

第3回:心情ジレンマタイプの学習指導案

第4回:プログラムタイプの学習指導案

第5回:発問構成の工夫

第6回:板書構成の仕方
 
第7回:家庭や地域との連携

第8回:道徳授業の成り立ち

第9回:道徳授業での学び
第10回:学校教育の中での道徳授業の位置づけ

第11回:子どもの道徳性の発達

第12回:学習指導案作成の考え方

第13回:評価の仕方

第14回:教科や体験活動との関連
第15回:全体のまとめ


期末レポートを行う。 
教科書・参考書等 テキスト:鈴木由美子・宮里智恵編『やさしい道徳授業のつくり方』溪水社 2012年
参考書:『小学校学習指導要領解説 道徳編』

 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト、DVD、パワーポイント 
予習・復習への
アドバイス
第1回:テキストを読んで歴史を調べておく。
第2回:自分が体験した道徳授業を思い出し、指導者の立場から捉え直しておく。
第3回:いろいろな学校の道徳教育の全体計画を調べておく。
第4回:道徳性の発達に関する文献を読んでおく。
第5回:いろいろな道徳の学習指導案を調べて集めておく。
第6回:道徳の時間の授業評価や道徳性の発達テストを探しておく。
第7回:学年を決めて1年間の体験活動の流れをつかんでおく。
第8回:タイプ別が理解しやすいように、集めた学習指導案を分類しておく。
第9回:心情タイプにふさわしい読み物資料を探しておく。
第10回:心情ジレンマタイプにふさわしい読み物資料を探しておく。
第11回:プログラムタイプにふさわしい読み物資料を探しておく。
第12回:発問の理論について勉強しておく。
第13回:板書の仕方について勉強しておく。
第14回: 家庭や地域と連携した道徳授業の例を探しておく。
第15回:まとめ
 
履修上の注意
受講条件等
必修科目である。
 
成績評価の基準等 授業参加等(20%)とレポート(80%)を総合的に評価する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ