広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2019年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード ASF32001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 差異の人類学演習
授業科目名
(フリガナ)
サイノジンルイガクエンシュウ
英文授業科目名 Seminar in Anthropology of differences
担当教員名 新本 万里子
担当教員名
(フリガナ)
シンモト マリコ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 月5-8:総K106
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表等 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 23 : 文化人類学
対象学生  
授業のキーワード ジェンダー、セクシュアリティ、構築 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
人類学系授業科目(総合科学部総合科学科社会探究領域社会フィールド研究授業科目群) 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 日本、オセアニア、東南アジア、ヨーロッパ等の事例を参照しながら、「ジェンダーは構築される」とはどういうことなのかを理解することを目標とする。 
授業計画 第1回 イントロダクション
第2回 イントロダクション
第3回 男性と女性を分ける社会(1)
第4回 男性と女性を分ける社会(2)
第5回 男女をセットとする社会(1)
第6回 男女をセットとする社会(2)
第7回 父としての男性・母としての女性(1)
第8回 父としての男性・母としての女性(2)
第9回 老いとジェンダー(1)
第10回 老いとジェンダー(2)
第11回 第三の性(1)
第12回 第三の性(2)
第13回 国家とジェンダー(1)
第14回 国家とジェンダー(2)
第15回 まとめとレポートの提出 
教科書・参考書等 参考書は、講義内で適宜紹介する。 
授業で使用する
メディア・機器等
DVD、写真、新聞記事、配布資料等 
予習・復習への
アドバイス
各授業の最後に、翌週の授業テーマに関わる映像や新聞記事、参考文献等を提示し、問題提起を行う。その問題について調べたり考えたりすることが、翌週の授業の予習となる。復習は、配布された資料を読みながら授業を振り返るという形で行い、知識を自分のものとして定着させてほしい。 
履修上の注意
受講条件等
「文化人類学A」「文化人類学B」等の人類学系の授業を受講していることが望ましい。授業では、映像や新聞記事等を資料にディスカッションを行ったり、調べてきてもらったことを紹介してもらったりする。そのため、止むを得ない事情なく休まないこと、積極的な発言をすることなどが求められる。 
成績評価の基準等 プレゼンテーションや発言など授業への取り組み(30%)、期末レポート(70%) 
メッセージ 担当者は、パプアニューギニアの焼畑農耕民を調査しています。担当者がフィールドに通い始めた頃、ある少女から「あなたには何人のキョウダイがいますか?」と聞かれました。「2人の妹がいる」と答えると、「2人しかいないのか?兄や弟はいないのか?」と真顔で聞き返され、そして気の毒がられました。彼女はどうして、担当者を気の毒がったのでしょう? そして、私からの同じ質問に、彼女は何と答えたのでしょう? 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ