広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 社会科学研究科博士課程前期法政システム専攻
講義コード PS102312 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 租税法演習
授業科目名
(フリガナ)
ソゼイホウエンシュウ
英文授業科目名 Tax Law Seminar
担当教員名 手塚 貴大
担当教員名
(フリガナ)
テヅカ タカヒロ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 水5-6
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 7 : 大学院発展的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 法学
対象学生 社会科学研究科に所属する租税法、行政法、民法、商法専攻の大学院生
授業のキーワード 所得税法、法人税法、租税法解釈のあり方、租税判例、租税政策 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 所得税法および法人税法の基本構造を理解し、その重要判例を素材に租税実体法の解釈論の基礎的能力を身につけることを目的とします。具体的には所得税法、法人税法の基礎理論を身につけるとともに、現実の租税法上の問題が私法取引の上に成り立っているとの認識のもと、ビジネスの上で生じる租税法上の問題解決のあり方を法解釈論の観点から学ぶことを目標とします。そうした観点から、わが国の判例研究を通じて、租税法解釈の作法を身に着けていただきます。 
授業計画 第1回 イントロダクション
第2回 所得税の意義
第3回 所得概念
第4回 所得分類
第5回 違法所得・フリンジベネフィット
第6回 金融所得に関する課税問題
第7回 所得税と国際取引
第8回 法人税の意義
第9回 企業形態と法人税
第10回 法人所得計算の基礎
第11回 益金
第12回 損金
第13回 連結納税制度

第14回 組織再編課税
第15回 法人税と国際取引

特になし。

特になし。 
教科書・参考書等 谷口勢津夫『税法基本講義 第5版』(弘文堂、2016年)中心に、その他の参考書として、金子宏編著『所得課税の理論と課題』(税務経理協会、2001年)、佐藤英明『スタンダード所得税法 第2版』(弘文堂、2016年)、岡村忠生『法人税法講義 第三版』(成文堂、2007年)を利用します。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,報告者の提出するレジュメ 
予習・復習への
アドバイス
指定教科書等のうち次回扱う部分を精読し、また授業終了後は該当箇所をもう一度読了してください。 
履修上の注意
受講条件等
租税法は公法・私法の両分野にまたがる複合的な科目であり、様々な方面からの院生諸兄の参加を歓迎します。それ故幅広い科目を勉強する必要がありますので、可能であるならば、担当者による租税法、国際租税法の授業の履修を強くお勧めいたします。 
成績評価の基準等 出席及び受講生の報告のクオリティーにより評価します。 
メッセージ 毎回授業に出席して、情熱を持って勉強してくださることを強く願います。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ