広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 文学研究科博士課程前期
講義コード M0090303 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 超域文化論演習A
授業科目名
(フリガナ)
チョウイキブンカロンエンシュウA
英文授業科目名 Seminars on interdisciplinary Cultural studies A
担当教員名 森岡 文泉,佐藤 利行
担当教員名
(フリガナ)
モリオカ ブンセン,サトウ トシユキ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   ターム外(前期)
曜日・時限・講義室 (外前) 集中:詳細は掲示板参照
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、ディスカッション 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 23 : 文化論
対象学生  
授業のキーワード アジア、経済危機、改革開放、自由貿易協定、貿易と投資 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 まず世界的な金融・経済危機や欧州諸国の債務危機がアジア経済に与えている影響を分析するとともに、今後のアジア経済の動向を解説する。続いて、改革開放の30年余りに中国はなぜ持続的な成長を実現できたのか、中国はこの成功を維持できるのか、克服すべき課題はどこにあるのか、などについて考察する。さらに、日本の経済成長には貿易や投資を通じて海外の活力を取り込まなければならないことを踏まえて、日本の自由貿易協定およびTPP交渉の行方について考察する。 
授業計画 第1回 オリエンテーション
第2回 米国発世界経済危機とアジア (1)
第3回 米国発世界経済危機とアジア (2)
第4回 欧州債務危機とアジア (1)
第5回 欧州債務危機とアジア (2)
第6回 NIESの経済発展:韓国と台湾を中心に
第7回 NIESの経済発展:香港とシンガポールを中心に
第8回 ASEANの経済発展:先行組を中心に
第9回 ASEANの経済発展:後発組を中心に
第10回 中国の経済発展と改革開放 (1)
第11回 中国の経済発展と改革開放 (2)
第12回 中国経済が直面する課題
第13回 中国と台湾の経済協力枠組協定
第14回 日本のFTA締結の実態と今後の行方
第15回 TPP交渉の行方と総括 
教科書・参考書等 適宜資料を配布する。 
授業で使用する
メディア・機器等
音声教材,映像(ビデオ/DVD/PC/) 
予習・復習への
アドバイス
アジアと日本について多角的に考えていくことで、アジアについての考えが次第に深まることと思う。自分でも問題意識を持って、積極的に授業に参加しましょう。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業への参加の姿勢および討論などの成績を基に総合的に評価する。 
メッセージ アジアの現状を知るためには、まずアジアの新しい情報や動きを把握することが不可欠である。そのために、毎日ニュースや新聞などを見ることが効果的だ。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ