広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 文学部
講義コード BX520083 科目区分 専門教育科目
授業科目名 卒業論文指導B
授業科目名
(フリガナ)
ソツギョウロンブンシドウB
英文授業科目名 Guidance on Graduation Thesis B
担当教員名 宮川 朗子
担当教員名
(フリガナ)
ミヤガワ アキコ
開講キャンパス 東広島 開設期 4年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中:教員研究室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表。 
単位 2 週時間   使用言語 O : その他
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 23 : 文学
対象学生 4年次生
授業のキーワード 問題設定能力、課題解決能力、論理的思考力、先行研究の理解、独創性の発揮 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
欧米文学語学・言語学プログラム
(総合的な力)
・イギリス・アメリカ、ドイツもしくはフランスの文学と語学、または諸言語に関する研究において、従来の研究成果を踏まえて、独創性を発揮できる力を習得。 
授業の目標・概要等 内容のある卒業論文を作成するための指導。資料収集の方法、原書読解から論文の書き方まで、個人指導を行う。従来の研究成果を吸収し、独創性を発揮できる力を習得できるようにする。
 
授業計画 先行研究の報告・紹介を行わせるとともに、各自が設定した研究テーマに沿って作成した卒業論文に関する資料を検討する。研究内容に応じて次回以降の課題を決める。以下15回目まで同様。
卒業論文の題目,副題,目次(全体構成)および参考文献リストを夏季休暇中に各自作成し,後期はじめに必ず提出する。  
教科書・参考書等 必要に応じて指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料。 
予習・復習への
アドバイス
毎回確実に課題をこなすこと。 
履修上の注意
受講条件等
卒業論文提出予定者のみ受講可 
成績評価の基準等 出席状況と随時提出する卒論の骨子と卒論作成計画書ならびにレポートなどによる。 
メッセージ 論文のことを毎日考えよう!
 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ