広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 文学部
講義コード BF515002 科目区分 専門教育科目
授業科目名 東南アジア植民地文書解析学D
授業科目名
(フリガナ)
トウナンアジアショクミンチブンショカイセキガクD
英文授業科目名 Analytical Study of Sources on Colonial History in Southeast Asia D
担当教員名 中村 平
担当教員名
(フリガナ)
ナカムラ タイラ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 木9-10:文A262
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心・ディスカッション・学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 23 : 史学
対象学生  
授業のキーワード 植民主義、近代化、ナショナリズム、共産主義、日本軍政 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歴史学プログラム
(総合的な力)
・論理的思考力を身につけて、諸問題について検討し解決する能力を習得。 
授業の目標・概要等 参加者の東南アジア史の知識と関心の所在を問いながら、東南アジア研究の概観を行う。近代化、ナショナリズム、共産主義、日本軍政などをテーマに植民地期の研究と原典に焦点を当てるが、参加者の意向によってはその限りではない。日本と東南アジアの関係史にも注目したい。多くの東南アジア史研究の文献を提示し、読解するものを討議の結果決定し、原典読解、英語講読の力を養う。通年で受講していただければ幸いです。 
授業計画 第1回イントロダクション
第2回東南アジア史研究概観
第3回東南アジアにおけるナショナリストの反応①
第4回東南アジアにおけるナショナリストの反応②
第5回東南アジアにおけるナショナリストの反応③
第6回東南アジアにおけるナショナリストの反応④
第7回東南アジアにおけるナショナリストの反応⑤
第8回東南アジアにおけるナショナリストの反応⑥
第9回脱植民地化から現在へ①
第10回脱植民地化から現在へ②
第11回脱植民地化から現在へ③
第12回脱植民地化から現在へ④
第13回脱植民地化から現在へ⑤
第14回脱植民地化から現在へ⑥
第15回まとめ 
教科書・参考書等 Southeast Asian History: Essential Readings (edited by D. R. SarDesai. Westview Press, 2006) ほか、授業で決定する(前期に引き続き講読)。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト・配付資料・映像(ビデオ/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
討議の結果決まったテキストを予習する(概念、地名、人名を調べることを含む)。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 報告と参与(50%)、レポート(50%) 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ