広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード ASF11001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 宗教社会人類学演習
授業科目名
(フリガナ)
シユウキヨウシヤカイジンルイガクエン
英文授業科目名 Seminar in Anthropologyof Religion and Society
担当教員名 高谷 紀夫
担当教員名
(フリガナ)
タカタニ ミチオ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 木5-8:総A704
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 23 : 文化人類学
対象学生  
授業のキーワード 知識、民族、マイノリティ、伝統、異文化コミュニケーション 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
人類学系専門教育授業科目 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・個別学問体系の密接な相互関係とその重要性を認識するうえでの必要な知識・理解
(能力・技能)
・自らの研究成果をレポートや論文にまとめ、ゼミや研究会等で発表し、質問などにも回答できる能力・技能
(総合的な力)
・課題の克服について異文化・異領域の人々に向けて、自らの考えを論理的かつ簡潔に説明し、討論の中で指導力を発揮できる総合的な能力 
授業の目標・概要等 知識人類学的研究の実践と応用 
授業計画 最初の授業時間に、受講方法、課題提示、討論、最終レポートなどについて説明します。

「知識」の人類学的考察に関係する儀礼パフォーマンス、口頭伝承、国家形成、民族間関係、伝統文化、文化の解釈、構築主義などについての英文和文の論文を読みながら、その現状と可能性について討論する。教材は、受講生の関心に従い、東南アジア民族誌(西南中国も含む)、日本民俗誌を中心に選択する。
第1回:知識人類学的思考
第2回ー第4回:人類学的思考をめぐる討論
第5回ー第14回:受講者からの民族誌的話題提供による討論
第15回:総括 
教科書・参考書等 授業形式(ディスカッション・ディベート・学生の発表中心)
参考文献を適宜指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,PCプレゼンテーション 
予習・復習への
アドバイス
演習形式の授業で、話題と討論を共有することが肝要です。具体的な課題はその都度提示します。 
履修上の注意
受講条件等
教養教育及び専門教育の人類学関係の授業を受講済みであることが望ましい。また卒業特別研究を視野に入れた演習であることを熟知して受講されたい。 
成績評価の基準等 授業中の討論参加への積極度75%(程度)、最終レポート25%(程度)の合算で総合評価する。 
メッセージ 自分の価値観をあなたはどれくらい理解していますか?
異文化理解と異文化誤解の経験から、人間と文化に対する謙虚な理解が始まるのです。 
その他 【参考】日本文化人類学会 URL:http://www.jasca.org/

 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ