広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード ANN35001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 環境物理化学
授業科目名
(フリガナ)
カンキョウブツリカガク
英文授業科目名 Physical Chemistry of Materials and Environmental Application
担当教員名 ヴィレヌーヴ 真澄美
担当教員名
(フリガナ)
ヴィレヌーヴ マスミ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 月1-4:総J306
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、PowerPoint使用 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 化学
対象学生  
授業のキーワード 化学熱力学、溶液化学、界面、コロイド 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
物理化学の一分野である熱力学を中心に勉強する。さらに環境科学において重要な界面科学の初歩を学ぶ。 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
(能力・技能)
・個別学問体系に関する多様な情報源から必要な文献資料やデータを収集・解析する能力・技能
・課題の考察のために必要な理論・方法を特定する能力・技能 
授業の目標・概要等 化学の基礎的な考え方を身につける。 
授業計画 第1回 均一開放系の熱力学基本式と化学ポテンシャル
第2回 部分モル量、オイラーの定理
第3回 理想溶液の化学ポテンシャル
第4回 非理想溶液の化学ポテンシャル
第5回 相平衡、相律、Gibbs-Duhemの式
第6回 浸透圧
第7回 二成分系の相図(液―気平衡:理想混合、共沸混合)
第8回 二成分系の相図(液―液平衡:臨界共溶温度、固―液平衡:共融点、調和融点)
第9回 コロイドおよび界面が関わる現象
第10回 界面と界面張力
第11回 不均一系の熱力学基本式、界面吸着
第12回 分子集合体形成の熱力学
第13回 ケルヴィン式、オストワルド熟成
第14回 曲界面と毛管現象
第15回 DLVO理論とコロイドの安定性 
教科書・参考書等 参考書・参考資料等:化学通論 (吉岡甲子郎著、裳華房)、化学ポテンシャル(化学One Point9)(君塚秀夫著、共立出版)(古本が2,000~3,000円で入手可)、相律と状態図(化学One Point6)(吉岡甲子郎著、共立出版)(今も増刷されているようである。入手することを薦める。1,600円程度) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
第1回 熱力学の基礎を復習しておいてください
第2回 参考書などを読んで、理解できなくても良いので予備知識を持っておいてください
第3回 参考書などを読んで、理解できなくても良いので予備知識を持っておいてください
第4回 参考書などを読んで、理解できなくても良いので予備知識を持っておいてください
第5回 参考書などを読んで、理解できなくても良いので予備知識を持っておいてください
第6回 高校の化学で学んだ浸透圧を復習しておいてください
第7回 相律と状態図などの参考書に目を通しておいてください
第8回 相律と状態図などの参考書に目を通しておいてください
第9回 高校の化学のコロイドを復習しておいてください
第10回 力学を復習しておいてください
第11回 熱力学の基礎を復習しておいてください。
第12回 熱力学の基礎を復習しておいてください。
第13回 参考書などを読んで、理解できなくても良いので予備知識を持っておいてください。
第14回 参考書などを読んで、理解できなくても良いので予備知識を持っておいてください。
第15回 参考書などを読んで、理解できなくても良いので予備知識を持っておいてください。
 
履修上の注意
受講条件等
教養教育開講の物理学概論や基礎物理学I、微分積分学、線形代数学、一般化学および基礎物理化学を履修しておくことが望ましい。 
成績評価の基準等 期末試験で60点以上が合格です。 
メッセージ 熱力学では耳慣れない概念が多く学びます。また互いに類似した用語が多く混乱し易いため、学習が難しい分野の一つです。しかし自然界では熱力学に反する現象は絶対に起こりません。自然科学を学ぶ人にとってはとても大事な学問です。頑張って勉強しましょう。 
その他 授業中、授業後いつでも良いので、質問をしてください。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ