広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード ANN19001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 生物学基礎実験法
授業科目名
(フリガナ)
セイブツガクキソジッケンホウ
英文授業科目名 Fundamental Methodology in Biology
担当教員名 彦坂 暁,浮穴 和義,和崎 淳,戸田 求,斎藤 祐見子,中坪 孝之,佐藤 明子,土谷 彰男,中川 直樹,小林 勇喜,勝山 千恵
担当教員名
(フリガナ)
ヒコサカ アキラ,ウケナ カズヨシ,ワサキ ジュン,トダ モトム,サイトウ ユミコ,ナカツボ タカユキ,サトウ アキコ,ツチヤ アキオ,ナカガワ ナオキ,コバヤシ ユウキ,カツヤマ チエ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 木1:総H201
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 基礎生物学
対象学生 2年次生
授業のキーワード 動物、植物、形態、生理、神経、代謝、発生、細胞、分子、など 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
(能力・技能)
・個別学問体系に関する多様な情報源から必要な文献資料やデータを収集・解析する能力・技能
・課題の考察のために必要な理論・方法を特定する能力・技能 
授業の目標・概要等 分類学、形態学、生理学、発生学、細胞学、分子生物学に関する基礎的な実験方法の説明を行う。生物を注意深く観察し、背後に潜む法則性や原理についての問題意識を養うことを目的とする。 
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 表皮細胞の観察
第3回 動物組織の観察
第4回 体細胞分裂
第5回 減数分裂
第6回 エビの外部形態
第7回 DNAの解析
第8回 唾腺染色体
第9回 血液標本
第10回 魚の色素胞
第11回 ウニの胚発生
第12回 植物組織標本の作成
第13回 植物組織標本の観察
第14回 原生動物
第15回 小テスト

基本的に毎回レポートを提出する。
最終回には理解度を確認するために小テストを実施する。

上記はスケジュールの例である。そのため、生物材料の入手状況により変更がありうる。詳細はガイダンスで連絡する。 
教科書・参考書等 1)次の教科書を初回までに購入し、毎回持参する。
書名:フローチャート標準生物学実験(著者:標準生物学実験編修委員会、出版社:実教出版)
2)配布資料がある場合には授業内でその都度行う。
3)各授業冒頭時にパワーポイントを用いて授業課題内容の説明を行う。
4)第1回時より、鉛筆(Hか2H)と毎回B5版ケント紙を準備すること。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
毎回、課題となる内容について予習をすること。 
履修上の注意
受講条件等
1) 本講義は生物学基礎実験の実験方法を説明する内容であり、生物学基礎実験と同時に履修することを前提とする。
2) 実験上の様々な注意事項を必ず守ること。 
成績評価の基準等 1) 本科目成績は、生物学実験の成績と併せて評価する。したがって、「生物学基礎実験」を履修しない場合の評価は、「不可(欠席)」となる。
2) 実験者としてすべての実験に時間厳守で参加すること(遅刻は減点対象)。成績は、実験終了後に毎回提出するレポートおよび最終回の小テストで評価する。さらに、授業態度も評価の対象とする。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ