広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード ANN09001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 地学基礎実験
授業科目名
(フリガナ)
チガクキソジッケン
英文授業科目名 Fundamental Laboratory Course in Geology
担当教員名 海堀 正博,並木 敦子,平山 恭之,児子 修司,横山 正
担当教員名
(フリガナ)
カイボリ マサヒロ,ナミキ アツコ,ヒラヤマ ヤスユキ,ニコ シュウジ,ヨコヤマ タダシ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 月6-8:総H206
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
実習・演習中心、岩石・鉱物・土試料を使った作業あり、野外実習あり 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 地球惑星科学
対象学生 総合科学部2年生
授業のキーワード 地形図、地質図、岩石、鉱物、古生物、土質 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
地学データの正しい分析・解析のための基礎的な事項を実験しつつ修得する。 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
(能力・技能)
・個別学問体系に関する多様な情報源から必要な文献資料やデータを収集・解析する能力・技能
・課題の考察のために必要な理論・方法を特定する能力・技能 
授業の目標・概要等 地表付近で見られる地形・地質・土質の見方の初歩を習得する。特に、地形図・地質図の読み方と書き方、鉱物・岩石の肉眼観察、岩石薄片の偏光顕微鏡による観察、土の物理的特性を調べる実験、古生物標本の観察とその結果を利用した地質区分との関係の理解、クレーターや地震波の特徴の理解などの実習を行う。 
授業計画 第1週:全体の説明。地形図の読み方。(平山)
第2週:地形と地質(平山)
第3週:地質図の基礎1(児子)
第4週:地質図の基礎2(児子)
第5週:鉱物の基礎(横山)
第6週:鉱物の肉眼鑑定(横山)
第7週:岩石の肉眼鑑定実習(児子)
     および薄片作製1(平山)
第8週:岩石の薄片作製2(平山)
第9週:岩石薄片の顕微鏡観察(平山)
第10週:古生物の肉眼鑑定実習(児子)
第11週:土質試験1(海堀)
第12週:土質実験2(海堀)
第13週:野外実習 (宮島庭園砂防)(海堀) *土曜日に実施予定
第14週:クレーターの実験(並木)
第15週:地震波の可視化(並木)

実験ごとにレポートを課す。

(注)実験の順序は入れ替わることがある。 
教科書・参考書等 実習・実験・観察が主体。実験書、及び、時間中に必要に応じてプリント配布及び文献紹介。於保幸正・海堀正博・平山恭之著「地表の変化」(広島大学出版会)も参考になる。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト・資料を配布する。 
予習・復習への
アドバイス
同時に開講される「地学基礎実験法」において、その日の実験の目的、原理、方法、分析・解析法等の説明を行う。 
履修上の注意
受講条件等
実験内容の説明等は同時に開講される「地学基礎実験法」で行うので、必ず「地学基礎実験法」を同時に受講すること。
なお、「地学実験法・同実験」と重複しての単位取得を認めない。 
成績評価の基準等 実験ごとに提出するレポートによる。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ