広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード ANM06001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 微分方程式
授業科目名
(フリガナ)
ビブンホウテイシキ
英文授業科目名 Differential Equations
担当教員名 飯間 信
担当教員名
(フリガナ)
イイマ マコト
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 火1-4:総C808
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心,板書多用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 数学・統計学
対象学生 総合科学部2年生
授業のキーワード 微分方程式 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
自然・社会の数学モデルにおいて微分方程式は頻繁に表れる.微分方程式の性質や解法を学ぶことで自然や社会の数理的側面の理解が深まる.このことは総合科学プログラムの研究テーマにおいて,1つの重要な視点を与える. 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
(能力・技能)
・課題の考察のために必要な理論・方法を特定する能力・技能 
授業の目標・概要等 常微分方程式の解法,解の存在と一意性,力学系など,主に常微分方程式に関する基本的な事項を学ぶ. 
授業計画 【授業計画の一例】
以下のトピックの中から幾つかの項目を選んで講義を行う.

* 微分方程式の例
* 典型的な微分方程式の解き方
* 解の存在と一意性
* 初歩の力学系
* ラプラス変換
* 簡単な偏微分方程式
 
教科書・参考書等 【教科書】
「常微分方程式論」柳田 英二, 栄 伸一郎, 朝倉書店, 2002
【参考書】
「常微分方程式 (技術者のための高等数学)」 E. Kreyszig(著), 近藤, 北原(翻訳), 2006 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
必要に応じて既習事項を復習すること. 
履修上の注意
受講条件等
「微分積分学I・II」・「線形代数学I・II」の知識を仮定する.受講者数によっては演習形式も併用する. 
成績評価の基準等 試験あるいはレポート等により評価する.詳細は担当教員が指示する. 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ