広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード ANL29001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 分子細胞生物学I
授業科目名
(フリガナ)
ブンシサイボウセイブツガク1
英文授業科目名 Molecular Cell Biology I
担当教員名 平野 哲男
担当教員名
(フリガナ)
ヒラノ テツオ
開講キャンパス   開設期 3年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火9-10:総K111
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義と演習(プレゼンテーションとディスカッションを含む)
「分子細胞生物学I」(講義コードANL29001)と「分子細胞生物学II」(講義コードANL30001)は連続した講義です。Iのみ、またはIIのみを履修することはできません。 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 生命科学
対象学生  
授業のキーワード DNAクローニング、遺伝子発現、エピジェネティクス、RNA干渉、遺伝子操作、ノックアウトマウス、RNA編集、iPS細胞、がん、疾病 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 ヒトをふくむ動物細胞を対象として、遺伝情報の保持と伝達、遺伝子発現機構、タンパク質機能発現のメカニズムを復習する。また、研究手段としてのDNAクローニング、遺伝子操作技術の原理を理解する。さらにがんや疾患のような医学生物学的問題がどのように理解され、解決に応用されているかを学ぶ。
 
授業計画 第1回  授業の概要
第2回  DNA、染色体、ゲノム
第3回  DNA複製、修復、複製
第4回 ゲノム情報の読み取り
第5回  遺伝子発現調節 (I) 転写因子 エピジェネティクス
第6回  遺伝子発現調節 (II) 転写後調節とRNA干渉
第7回  生体システムの解析
第8回  細胞の可視化
第9回  タンパク質の輸送と分解
第10回 細胞内シグナル伝達
第11回 細胞周期
第12回 アポトーシス
第13回 幹細胞と組織の再生
第14回 がんの生物学
第15回 予備日・質問受付など
 
教科書・参考書等 B. アルバーツ他著 「Essential 細胞生物学第4版」 南江堂
B. アルバーツ他著 「細胞の分子生物学第6版」 教育社 
授業で使用する
メディア・機器等
Powerpointによるプレゼンテーション、また、広島大学オンライン学習システムBlackboard Learn (Bb9) にアクセスできること 
予習・復習への
アドバイス
予め与える演習問題への解答を用意し、発表する。質問に答える。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 発表と積極的な発言に基づく平常点、試験およびレポート。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ