広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード ANL15001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 分子発生生物学
授業科目名
(フリガナ)
ブンシハッセイセイブツガク
英文授業科目名 Molecular Developmental Biology
担当教員名 彦坂 暁
担当教員名
(フリガナ)
ヒコサカ アキラ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 水1-4:総K206
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、スライド使用、ディスカッション 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 基礎生物学
対象学生 総合科学部3年生
授業のキーワード 個体発生、後生動物、形態、進化、分子生物学、遺伝子 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
生命科学の専門科目であり、後生動物のからだつくりの基本機構とその進化を理解する。 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
(能力・技能)
・課題の考察のために必要な理論・方法を特定する能力・技能
(総合的な力)
・柔軟な発想と構想力のもとに、課題を考察するために必要な知識・理解と能力・技能を組合せ、主体的に研究する能力 
授業の目標・概要等 動物の発生の分子基盤について概説する。受精卵がいかにして多様な細胞種と形からなる個体を作るのかについての基本を理解する。また動物の形態進化の基盤に個体発生の進化があることを理解する。 
授業計画 第1回 ガイダンス:発生生物学とは
第2回 動物の形とその進化
第3回 動物の発生の共通性と多様性
第4回 発生生物学の基礎概念(1)
第5回 発生生物学の基礎概念(2)
第6回 有性生殖
第7回 脱皮動物の発生(1)
第8回 脱皮動物の発生(2)
第9回 脊椎動物の発生(1)
第10回 脊椎動物の発生(2)
第11回 その他の動物の発生(1)
第12回 その他の動物の発生(2)
第13回 発生と進化(1)
第14回 発生と進化(2)
第15回 まとめ

期末試験を行う。

知識の確認のために小テスト等を行う場合がある。
受講生の理解度に応じて授業の進行を変える場合がある。
 
教科書・参考書等 教科書は特に定めない。講義の前に資料をBb9にアップロードする。
参考書:『細胞の分子生物学』、『ギルバート 発生生物学』、『ウォルパート 発生生物学』など。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(PC) 
予習・復習への
アドバイス
授業の前に前回の講義の資料を復習しておく。 
履修上の注意
受講条件等
基礎細胞生物学、細胞生物学を履修しておくことが望ましい。 
成績評価の基準等 授業への参加度20%(課題等を含む)と期末試験80%で評価する。 
メッセージ 動物の形の多様性、それらの形をつくる個体発生の機構とその多様性、それらの一見多様にみえる発生の基盤にある機構の共通性、について講義します。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ