広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード ANL11001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 分子生理学
授業科目名
(フリガナ)
ブンシセイリガク
英文授業科目名 molecular physiology
担当教員名 佐藤 明子
担当教員名
(フリガナ)
サトウ アキコ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 火5-8:総K109
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 基礎生物学
対象学生  
授業のキーワード 基礎遺伝学・応用遺伝学・細胞生物学 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
遺伝学の基礎から応用までを学び、遺伝学的手法を駆使しての感覚生理学の発展を理解することにより、本授業科目群の中心的課題である脳研究への遺伝学的理解の基礎を築く。 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
(能力・技能)
・自らの研究成果をレポートや論文にまとめ、ゼミや研究会等で発表し、質問などにも回答できる能力・技能 
授業の目標・概要等 生理学を研究する上でのツールとしての遺伝学をその基礎から最先端の内容まで理解する。 
授業計画 第1回 ガイダンス 
第2回 エッセンシャル遺伝学 2章) 遺伝子伝達の遺伝学:メンデルのもたらしたもの
第3回 エッセンシャル遺伝学 4章) 連鎖と遺伝地図1
第4回 エッセンシャル遺伝学 4章) 連鎖と遺伝地図2
第5回 エッセンシャル遺伝学 5章) ヒトの核型と染色体の行動/ヒトの遺伝病1
第6回 エッセンシャル遺伝学 5章) ヒトの核型と染色体の行動/ヒトの遺伝病2
第7回 エッセンシャル遺伝学 7章) 突然変異とDNA修復の機構
第8回 エッセンシャル遺伝学 14章) 集団遺伝学と進化
第9回 中間テスト
第10回 ハエの遺伝学
第11回 細胞生物学(膜透過装置と小胞輸送の基礎)
第12回 ハエの遺伝学 質問受付
第13回 細胞生物学(小胞輸送とオルガネラ1)ハエの遺伝学レポート提出
第14回 細胞生物学(小胞輸送とオルガネラ2)
第15回 期末テスト 
教科書・参考書等 教科書:エッセンシャル遺伝学(D.L.ハートル/E.W.ジョーンズ共著 布山喜章/石和貞男監訳 培風館 
授業で使用する
メディア・機器等
エッセンシャル遺伝学の教科書,配付資料,keynote 
予習・復習への
アドバイス
前半は、毎回予習復習が必要。特に復習は時間をかけて、翌週の小テストに備える。
 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 出席点は付けないが、授業は非常に高度となるため、出席せずに理解する事は難しいだろう。
(ただし、高校理系生物取得者であれば、前半は教科書でフォローできるかもしれない)
成績評価は、おおよそ小テストもしくはレポート40点,中間テスト20点、期末テスト40点を合計したもので行う。
 
メッセージ 遺伝学の理解は現代生物学の理解には必須である。
遺伝学の重要な基礎的知識と概念を理解し、それを駆使することができる基盤を養成する。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ