広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード ANL10001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 生命科学実験法A
授業科目名
(フリガナ)
セイメイカガクジッケンホウA
英文授業科目名 Practical Methods in Life Sciences A
担当教員名 古川 康雄,小林 勇喜,根平 達夫
担当教員名
(フリガナ)
フルカワ ヤスオ,コバヤシ ユウキ,ネヒラ タツオ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 木5,金5:総B414
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 26 : 生命科学
対象学生 学部3年生
授業のキーワード 生命現象、生理学、有機合成化学、測定法、原理、論理 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・当該の個別学問体系の重要性と特性、基本となる理論的枠組みへの知識・理解
(能力・技能)
・課題の考察のために必要な理論・方法を特定する能力・技能
(総合的な力)
・柔軟な発想と構想力のもとに、課題を考察するために必要な知識・理解と能力・技能を組合せ、主体的に研究する能力 
授業の目標・概要等 生命科学実験Aを行うに当たって、必要な測定方法の原理や実験器具の使用方法について講義する。 
授業計画 生命科学実験Aで行なう以下の実験において使用される機器による測定の原理、実験を行なううで注意すべき点、得られた実験データのまとめ方などについて講義する。

1.神経の活動電位の測定
2.骨格筋の静止電位の測定
3.心臓の自律神経支配
4.上皮輸送
5.カフェインの抽出
6.アスピリンおよびアセトアミノフェンの合成
7.市販鎮痛剤の成分分析
 
教科書・参考書等 実習書を配布する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
配布される実習書をよく読んでおくこと。また、実習書に記載されている参考書や紹介された本などを参考にして予習・復習をすること。 
履修上の注意
受講条件等
この講義は生命科学実験Aの実験方法を説明する内容であり、生命科学実験Aと同時に履修することを前提とする。 
成績評価の基準等 この科目の成績は、生命科学実験Aの成績とあわせて評価する。よって生命科学実験Aを履修しない場合の評価は「不可(欠席)」となる。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ