広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード AKY39001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 フランス語上級会話演習II
授業科目名
(フリガナ)
フランスゴチュウキュウカイワエンシュウ2
英文授業科目名 Advance courseIn french language (second semester)
担当教員名 BEAUVIEUX MARIE-NOELLE BENEDICTE ISABELL
担当教員名
(フリガナ)
ボーヴィウ マリー ノエル ベネディク
開講キャンパス   開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 金5-6:総K202
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
ディスカッション、学生の発表、作文など 
単位 2 週時間   使用言語 O : その他
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 22 : 語学教育
学問分野(分科) 22 : フランス語圏
対象学生 Etudiants de 3e année ou plus /  Niveau moyen et plus
授業のキーワード フランス語、記述する、décrire, raconter, observer...  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・異文化・異領域の人々に対するコミュニケーション能力の前提となる日本語・日本文化及び外国語・外国文化への知識・理解
(能力・技能)
・個別学問体系に関する多様な情報源から必要な文献資料やデータを収集・解析する能力・技能
(総合的な力)
・柔軟な発想と構想力のもとに、課題を考察するために必要な知識・理解と能力・技能を組合せ、主体的に研究する能力 
授業の目標・概要等 会話能力を多いに促す授業形式ではありますが、個々の学生の関心に基づき、フランスの社会などについて調べたり、読んだり,書いたり、そして発表したりする。 
授業計画 授業を何年も継続に取り続いている学生もいることもあって、教材となるいつも違います。そのため、15回の各回の中身を諸略します。

授業の目標・概要等 フランス語を2年間を通じて集中的に学んできた学生が一層その能力を高めると同時にフランスの社会や文化を理解することを目指す。授業がフランス語のみで行われ、各々の学生の聞き取る能力や表現力を高める切っ掛けを与えるものである。 
教科書・参考書等 必要なテキストや教材は授業で配ります。 
授業で使用する
メディア・機器等
未定 
予習・復習への
アドバイス
毎週の授業のための学習方法 :
前回の新しい単語を必ず覚えてきてください。
 
履修上の注意
受講条件等
一定のフランス語能力を有し、失敗を恐れず意欲的に授業に参加する学生。 
成績評価の基準等 授業参加(50%)。最終に学習動力を計るため口頭試験を行う (50%)。 
メッセージ On continue le même travail; on cherche à parler un peu plus et à faire des recherches par soi-même.  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ