広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード AKY28001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 フランス語上級表現法演習
授業科目名
(フリガナ)
フランスゴジョウキュウヒョウゲンホウエンシュウ
英文授業科目名 Advanced SeminarIn French Writing
担当教員名 井口 容子
担当教員名
(フリガナ)
イグチ ヨウコ
開講キャンパス   開設期 3年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 木9-10,金9-10:総K104
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、板書多用、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 22 : 語学教育
学問分野(分科) 22 : フランス語圏
対象学生  
授業のキーワード フランス語、表現力、仏作文、語法 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・異文化・異領域の人々に対するコミュニケーション能力の前提となる日本語・日本文化及び外国語・外国文化への知識・理解 
授業の目標・概要等 本授業の主たる目的は、フランス語における表現力の向上であるが、これは文章を読み解く力とも無縁ではない。テーマに即した文章を読むことによって、生きたフランス語の表現を学び、それを自ら書く力につなげていく。本授業はこのような総合的な観点から表現力をのばしていくことをめざすものである。 
授業計画  各回の授業は、「授業の概要」の欄に記した目標に沿った形で展開される。具体的にはテキストの読解、表現練習、仏作文を行っていく。学習する項目には以下のようなものがあげられる。(学習者の理解度に応じて、進度等を調整する。)
 

 - 理由、原因を表す表現
 - 目的、結果を表す表現
 - 対立、相違を表す表現
 - 主題化
 - 文章の論理的なつながり
 - さまざまな語彙、熟語的表現 
教科書・参考書等 開講時に指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材 
予習・復習への
アドバイス
各回の授業において指示される、仏作文、読解などの課題を行うことが求められる。 
履修上の注意
受講条件等
1年次および2年次において、フランス語の授業を履修していることが望ましいが、同等のフランス語運用能力がある場合には受講は可。 
成績評価の基準等 試験 80%程度、平常点 20%程度で行う。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ