広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード AKY05001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 英語会話演習
授業科目名
(フリガナ)
エイゴカイワエンシュウ
英文授業科目名 English Conversation
担当教員名 CLENTON JONATHAN STUART MICHAEL
担当教員名
(フリガナ)
クレントン ジョナサン スチュアート マイケル
開講キャンパス   開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 水1-4:総J204
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心 
単位 2 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 23 : 言語学
対象学生  
授業のキーワード コミュニカテイヴ、自然会話、流暢 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・異文化・異領域の人々に対するコミュニケーション能力の前提となる日本語・日本文化及び外国語・外国文化への知識・理解
・個別学問体系の密接な相互関係とその重要性を認識するうえでの必要な知識・理解 
授業の目標・概要等 本授業では、受講生の英語会話及びリスニング能力のさらなる向上を図る。毎週、決められたトピックに関して、説得性のある自分自身の意見を述べ、自然な会話に参加する方法を学ぶ。小グループや大グループに分かれて、共通の、また重要なトピックに関してデイスカッションを行い、主張の明瞭化、また意見を受講生と共有する方法を学ぶ。(トピックは変更することもある。) 
授業計画 第1回 英語の世界
第2回 人口変化
第3回 スポーツ選手の薬物使用
第4回 地球温暖化
第5回 美に対する評価
第6回 菜食主義
第7回 中間試験
第8回 言語消滅
第9回 人口爆発
第10回 スポーツ選手の報酬
第11回 地球温暖化は事実?
第12回 美は表面的か?
第13回 動物を食することについて
第14回 期末試験
第15回 期末試験 
教科書・参考書等 第1回目の授業で説明する。 
授業で使用する
メディア・機器等
パワーポイント 
予習・復習への
アドバイス
第1回目の授業で説明する。 
履修上の注意
受講条件等
本授業は全て英語で行われる。 
成績評価の基準等 積極的授業参加(30%)、授業中の課題(30%)、ホームワク(40%) 
メッセージ 間違いを恐れず、小グループや大グループでデイスカッションすること。この授業は、様々なエクササイズをとおして会話の技術を訓練する実用的なものである。また、この授業は基礎英会話と英語デイベートの中間に位置するものである。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ