広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード AHH24001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 美学芸術学演習
授業科目名
(フリガナ)
ビガクゲイジュツガクエンシュウ
英文授業科目名 Seminar in Aesthetics Art
担当教員名 青木 孝夫
担当教員名
(フリガナ)
アオキ タカオ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 火5-8:総J302
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心・発表中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 23 : 芸術
対象学生  
授業のキーワード 芸術・思想・美意識・日本・解釈 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・個別学問体系の密接な相互関係とその重要性を認識するうえでの必要な知識・理解
(能力・技能)
・課題の考察のために必要な理論・方法を特定する能力・技能
・自らの研究成果をレポートや論文にまとめ、ゼミや研究会等で発表し、質問などにも回答できる能力・技能
(総合的な力)
・柔軟な発想と構想力のもとに、課題を考察するために必要な知識・理解と能力・技能を組合せ、主体的に研究する能力 
授業の目標・概要等 ◆代表的な芸術思想や美意識またアートについて、あるいは原典に即して学び、あるいは作品を分析して理解し、比較を通して美意識や芸術意識の系譜を訪ねる。その際、比較の対照軸として西欧や近代といった伝統的日本とは別の時空での美意識や芸術思想を念頭に置く。その上で、現代や伝統を問わず日本の美意識に関する基礎を学ぶと共に、日本的なるものや伝統的なるものを批判的にして多元的に吟味する複眼的思考を培いたい。 
授業計画 ◆日本に限らず美意識を解明するために、種々の文献やジャンルに積極的に触れる。文献解釈も大切だが、作品等、具体的な現象理解も大事である。出席者の興味・関心にも、配慮して主題を決める。その主題に沿って、研究の方法や姿勢等々を実践する。共同テーマを掲げ、それに応じて、各自の知識・興味により作品を取り上げてもらい、分析や解釈を積み重ねて、共同解明を進める。
◆現代哲学・美学の基礎ならびに最前線を紹介しつつ、日本の美学を解明してきた。過去の事例としては、芭蕉の俳論や世阿弥の『花鏡』を丁寧に読解した。日本の藝道の解釈学を実践した。あるいは、雨を描く、あるいは取り入れた作品(浮世絵やJ-Pop等)を分析して、絵画や歌曲に込められた世界観の解明・解釈に努めた。
 
教科書・参考書等 開講時に提示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,視聴覚資料等、必要に応じて使用。 
予習・復習への
アドバイス
◆資料の準備・論の考察そのものを、課題とするので、自ら、調べ、読み、学び、意見を交換し、考え、そして書き上げるプロセスを大事にしたい。ゼミは、学生のみなさんが積極的に参加して、教官と一緒に造り上げる知的な空間また時間でもある。 
履修上の注意
受講条件等
委細は、ゼミの開始時、また途中で進めつつ、流れの中で重要な方向性をきめていきたい。 
成績評価の基準等 平常点(5割)およびレポート(5割)等
 
メッセージ 法律や世間の決まりや倫理、いわんや地位や経済だけが、我々の思考や生き方を決しているわけではありません。夢や希望を考えてみればわかるように、自ら、生きがいややりがいを見出し積極的に生きるところ、感性に支えられた深い知性が活性化します。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ