広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード AHA31001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 感情・人格心理学
授業科目名
(フリガナ)
カンジョウ・ジンカクシンリガク
英文授業科目名 Emotion and Personality
担当教員名 杉浦 義典
担当教員名
(フリガナ)
スギウラ ヨシノリ
開講キャンパス   開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 月5-8:総K208
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心,読書課題も取り入れる。 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 24 : 心理学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
個人差の視点から人間行動の理解を深め,総合的な人間理解に促す。 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  人の個人差をどのように記述するのか,またそれがどのように規定されているのかを知ることで,直感や常識に捕らわれたものの見方を脱する方法をみつける一助とする.
 具体的には,人の個性を記述するときに力を発揮するデータの表現について理解することを核に,それを利用して実践的な問題の理解を深めるという応用も考える.

感情に関する理論及び感情喚起の機序について概説できる。
感情が行動に及ぼす影響について概説できる。
人格の概念及び形成過程について概説できる。
人格の類型、特性等について概説できる。 
授業計画 オリ
パーソナリティにおける「分類」の意味1
パーソナリティにおける「分類」の意味2
パーソナリティにおける「分類」の意味3:これ以降教科書にそったプレゼンテーションを求めます。
ビッグファイヴ
調査法入門
パーソナリティ理論の臨床応用1

パーソナリティ理論の臨床応用2

診断とパーソナリテイ
パーソナリティ理論の臨床応用3

もっと広い社会への応用1
もっと広い社会への応用2
個人差という研究方法
パーソナリティから考える幸福の姿
まとめ 
教科書・参考書等 必須テキスト:杉浦義典 アナログ研究の方法 新曜社
サブテキスト:杉浦義典・丹野義彦 パーソナリティと臨床の心理学 培風館
スライド,映像も使用.
その他にも積極的な読書を推奨. 
授業で使用する
メディア・機器等
スライド,映像多用。
読書を推奨 
予習・復習への
アドバイス
・復習が重要です。毎回,良くノートを見直してください。教科書に加えて以下の参考文献を読むことを推奨します。授業でももういくつか紹介すると思います。




杉浦義典 (2003). ストレス対処から見た心配の認知的メカニズム 風間書房

杉浦知子  (2007). ストレスを低減する認知的スキルの研究 風間書房

ウェルズ  A., & マシューズ  G. 箱田裕司・津田 彰・丹野義彦(監訳) (2992). 心理臨床の認知心理学-感情障害の認知モデル 培風館

クラーク D. A.(編) 丹野義彦(監訳)・杉浦義典・小堀 修・山崎修道・高瀬千尋(訳) 侵入思考:雑念はどのように病理へと発展するのか 星和書店

下山晴彦(編) 2004  臨床心理学の新しいかたち 誠信書房

貝谷 久宣・熊野 宏昭・越川 房子 2016 マインドフルネス 基礎と実践 日本評論社

 
履修上の注意
受講条件等
・欠席したり,話を聞いていなかったことに対するフォローは行いません(課外活動・用事は配慮をする理由には一切なりません。病欠・忌引・事故等の対応については授業中に指示します)。
・初回のガイダンスには必ず出席し,授業の内容やすすめかたを十分理解のうえ,履修してください。 
成績評価の基準等 ・授業中の発表に加えて,試験あるいはレポートにより評価します。内容は授業内容を理解していることを確認する問題あるいは読書課題(参考図書から1冊)からなります。
・試験も学習の機会と捉えます。試験や成績評価に関しては,授業の中で入念に説明を行い,その場で質問も受け付けます。試験後にもフィードバックを行い,今後の学習の役にたつようにしたいと思います(それが可能なように試験日程(あるいはレポート提出日)を設定する予定です)。
・再試験,再レポートなどは一切ありません。 
メッセージ ・授業の終わりに質問を受ける時間を設けます。積極的に活かしてください。担当者にとっても励みになります。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ