広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2018年度 開講部局 総合科学部総合科学科
講義コード ADO01001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 総合科学へのいざない
授業科目名
(フリガナ)
ソウゴウカガクヘノイザナイ
英文授業科目名 Invitation to Integrated Arts and Sciences
担当教員名 船瀬 広三,山崎 岳
担当教員名
(フリガナ)
フナセ コウゾウ,ヤマザキ タケシ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 火9-10,木9-10:総K107
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 21 : 初年次教育
対象学生 総合科学部
授業のキーワード 学際性,総合性,創造性,異領域 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
学際的・総合的アプローチの持つ特徴について理解できる。 
到達度評価
の評価項目
総合科学プログラム
(知識・理解)
・個別学問体系の密接な相互関係とその重要性を認識するうえでの必要な知識・理解
(能力・技能)
・自らの研究成果をレポートや論文にまとめ、ゼミや研究会等で発表し、質問などにも回答できる能力・技能 
授業の目標・概要等 細分化した学問的現状,総合科学部の歩み,総合科学への期待と課題を理解し,総合科学的発想のもとで,問題の発見と解決に向けた探究の姿勢を学ぶ。 
授業計画 第1回 ガイダンス―船瀬広三(6/12)K108講義室
第2回 学問の細分化と総合科学部の歩み-岩永 誠(6/14)
第3回 第1回全体討論会(6/19)「これまでの学びとこれからの学び」
第4回 「総合科学部の使い方―自然探究領域編」-山崎 岳(6/21)
第5回 「総合科学部の使い方-人間探究領域編」-船瀬広三(6/26)
第6回 「総合科学部の使い方―社会探究領域編」―長田浩彰(6/28)
第7回 リーダーシップ・マネージメント論―佐藤敦(跡見学園女子大学,OB)(7/3)
第8回 TV番組制作と多角的視点―松井英光(TV朝日)(7/5)
第9回 文理を繋ぐ先端分野―高須直子(京都大学医療応用推進室長,OG)(7/10)
第10回 国際社会と総合科学―藤瀬公利香(総合科学部国際共創学科UEA,OG)(7/12)
第11回 創業という選択肢と日本公庫の創業支援―担当者未定(日本政策金融公庫)(7/17)
第12回 防災問題への総合科学的アプローチ-海堀正博(7/19)
第13回 学際領域をつなぐ~課題解決の現場から~―前延国治(総合科学部同窓会会長、前東広島市役所総務部長,OB)(7/24)
第14回 第2回全体討論(7/26)「総合科学の可能性と将来」
第15回 教育領域選択に向けて(7/31)

第7回~第13回の講師都合により日程変更の可能性あり 
教科書・参考書等 参考書として,広島大学総合学部編:叢書インテグラーレ(丸善書店),『大学新入生に薦める101冊の本新版』(岩波書店) 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回 これまでの自らの学習を振り返り,この授業の目標をしっかり考えよう。
第2回 近代以降の学問の細分化と総合科学部の歩みを考え,理解しよう。
第3回 これから,自らが何のために学ぶのか考えよう。
第4回 総合科学部の自然探究領域からのアプローチをしっかりと把握しよう。
第5回 総合科学部の社会探究領域からのアプロ―チをしっかりと把握しよう。
第6回  総合科学部の人間探究領域からのアプローチをしっかりと把握しよう。
第7回  実社会の総合科学的現状を理解し,私たちに何ができるか考えよう。
第8回  実社会の総合科学的現状を理解し,私たちに何ができるか考えよう。
第9回  実社会の総合科学的現状を理解し,私たちに何ができるか考えよう。
第10回 「国際社会」で働く中で必要な学問的ツールを考えてみよう。
第11回  創業について考えてみよう。
第12回 「防災問題」との関わりで,多角的アプローチについて考えてみよう。
第13回  実社会の総合科学的現状を理解し,私たちに何ができるか考えよう。
第14回 今一度これまでの授業の内容を振り返り,討論のテーマについて自分の意見をまとめよう。
第15回 2年次からの教育領域選択について,これまで提供された話題をもとに,自分のやりたい学習分野について考えてみよう。
 
履修上の注意
受講条件等
総合科学部総合科学科の学生に限定する。 
成績評価の基準等 2回の提出が求められる小レポートの内容と討論への貢献度などを総合的に判断して評価する。 
メッセージ 総合科学とは何かを考え,あなたがこの学部で学ぶべき内容に思いをはせてみよう。 
その他 本授業は,総合科学部専門科目(必修)です。特段の理由がない限り,欠席は認めません。また,授業中の私語,居眠り,本授業と無関係な作業など,受講態度に問題がある受講生には,厳重注意します。目に余る場合には,出席を認めない場合もあります。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ