広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医歯薬保健学研究科修士課程医歯科学専攻
講義コード TA000101 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 生命・医療倫理学
授業科目名
(フリガナ)
セイメイ・イリョウリンリガク
英文授業科目名 Advanced course of biomedical ethics
担当教員名 工藤 美樹,森川 則文,高橋 規郎,谷田 憲俊,梶濱 誠,本家 好文,小野 ミツ,原 鐵晃,瀧本 禎之,八木 茂樹,日山 恵美,有廣 光司,杉山 一彦,岡田 賢,吉田 光由,松浦 伸也
担当教員名
(フリガナ)
クドウ ヨシキ,モリカワ ノリフミ,タカハシ ノリオ,タニダ ノリトシ,カジハマ マコト,ホンケ ヨシフミ,オノ ミツ,ハラ テツアキ,タキモト ヨシユキ,ヤギ シゲキ,ヒヤマ エミ,アリヒロ コウジ,スギヤマ カズヒコ,オカダ サトシ,ヨシダ ミツヨシ,マツウラ シンヤ
開講キャンパス 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 水11-12
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 医学
対象学生 医歯薬保健学研究科
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 医学・歯学・薬学・保健学の医療・健康福祉領域で行われる教育・研究・臨床は,生命に対する尊厳,医療における倫理感,責任感に裏付けられたものでなければなりません。本授業では,バイオエシックス/バイオメディカルエシックスの歴史的背景から最近のゲノムを含めた医療情報に関する問題等を学習し,研究・臨床における生命・医療倫理について考察します。 
授業計画 第1回(4月12日)
ヒトゲノム遺伝子解析研究倫理指針に関する教育及び研修
高橋 規郎(放射線影響研究所)
第2回(4月19日)
医学・医療の倫理の歴史
谷田 憲俊(西村医院)
第3回(4月26日)
医学・医療に求められるもの
梶濱 誠(元中国新聞論説員)
第4回(5月10日)
新生児医療のおける生命・医療倫理
岡田 賢(小児科学)
第5回(5月17日)
医療事故をめぐる法と倫理
日山 恵美(法務研究科)
第6回(5月24日)
緩和ケアにおける倫理
本家 好文(広島県緩和ケア支援センター)
第7回(5月31日)
医薬品の使用における倫理
森川 則文(臨床薬物治療学)
第8回(6月7日)
生殖医療と生命倫理-生まれてくる子のために-
原 鐵晃(県立広島病院生殖医療科)
第9回(6月14日)
遺伝子診療における倫理
松浦 伸也(原爆放射線医科学研究所
第10回(6月21日)
病理分野における倫理
有廣 光司(病理診断科)
第11回(6月28日)
医療コミュニケーション
八木 茂樹
第12回(7月5日)
臨床試験と医療倫理
杉山 一彦(がん化学療法科学)
第13回(7月12日)
臨床倫理コンサルテーション
瀧本 禎之(東京大学大学院)
第14回(7月19日)
歯科倫理と食べることに関わる倫理
吉田光由(先端歯科補綴学研究室)
第15回(7月26日)
高齢者ケアにおける倫理
小野 ミツ(九州大学) 
教科書・参考書等 授業時に適宜案内する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料等 
予習・復習への
アドバイス
授業時に適宜案内する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 授業終了時のレポート及び出席状況等により評価する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ