広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医歯薬保健学研究科博士課程前期保健学専攻
講義コード TA154402 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 助産・母性看護方法学特論
授業科目名
(フリガナ)
ジョサン・ボセイカンゴホウホウガクトクロン
英文授業科目名 Lecture on Midwifery and Maternal-child Nursing
担当教員名 大平 光子
担当教員名
(フリガナ)
オオヒラ ミツコ
開講キャンパス 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 月11-12
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
演習中心,学生の発表,ディスカッション
講義は学生によるプレゼンテーション,講義を組み合わせて進める 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 博士課程前期学生
授業のキーワード リプロダクティブヘルス,周産期の母子及び家族,女性の健康課題,女性と家族の健康 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 周産期およびReproductive Health Rightsの視点におけるライフサイクル各期の健康課題の特性や健康課題解決に関連するための概念・理論・最新の知見を活用して助産・母性看護学領域の対象者への看護のあり方を考察する。 
授業計画 第1回 ガイダンス・イントロダクション
第2回 親になるプロセス,母子相互作用,Attachmentに関する理論と研究
第3回 周産期における妊産婦と家族の心理,周産期のメンタルヘルス 
第4回 Empowerment/Resilience
第5回 不妊カップルの支援に関する理論と研究(客員教授:崎山貴代教授)
第6回 Perinatal Loss
第7回・第8回    若年妊婦,高年初産の支援に関する理論と研究
第9回 母乳育児支援に関する理論と研究
第10回 ハイリスク新生児と家族の支援に関する理論と研究
第11回~第12回
    子育て支援・子ども虐待予防・家族生成期に関する理論と研究
第13回~第14回 親子関係に関する理論と研究(客員教授:佐々木くみ子教授)
第15回 周産期におけるリプロダクティブヘルスの課題

This class is conducted to read current research papers concerning students' research theme. 
教科書・参考書等 参考書:いずれか1つは準備すること
・Nuncy burns&Suzan K.Grove:The Practice of Nursing Research Conduct,Critique and Utilization,Elsevia  Sandersの最新刊
・Denise F.Polit & Chery TatanoBech:Nursing Research Generating and Assessing Evidene for Nursing Practice,Lippincott Wilkinsの最新刊 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
授業時に適宜案内する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 発表資料・討議内容と討議参加度(60点)およびレポート(40点)により評価
する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ