広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医歯薬保健学研究科博士課程前期保健学専攻
講義コード TA153001 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 慢性疾患ケア看護学課題研究
授業科目名
(フリガナ)
マンセイシッカンケアカンゴガクカダイケンキュウ
英文授業科目名 Research on Chronic Care Nursing
担当教員名 森山 美知子,加澤 佳奈
担当教員名
(フリガナ)
モリヤマ ミチコ,カザワ カナ
開講キャンパス 開設期 2年次生   前期   通年
曜日・時限・講義室 (前) 集中
授業の方法 課題研究 授業の方法
【詳細情報】
【指導方法】
 ゼミ形式。定期的(2週間に1回のペース)で文献講読及び概念やモデルの学習を中心としたゼミを行い、指導、ディスカッションを行う。加えて、月2回、博士課程後期との合同ゼミを行い、研究デザイン、研究の枠組み等の討議を行う。研究は基本的に個人で主体的に進める。 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 大学院医歯薬保健学研究科保健学専攻博士課程前期2年次 慢性疾患看護専門看護師コース
授業のキーワード 質的研究、量的研究、調査研究、介入研究、評価研究、アウトカムリサーチ 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 【目標】
 博士課程前期修了者(看護学修士取得者)としてふさわしいよう、自ら研究が展開でき、かつ他のスタッフの指導ができる基礎知識を身につける。
 理論的・倫理的基盤に基づき、慢性病者及びその家族の療養生活の向上、問題解決につなげるための研究手法の基本を身につける。
【到達目標】
1. 研究疑問を明らかにするために、必要な文献を検索・収集し、critical reviewする手法を身につける。
2. 研究疑問に対して、概念枠組みを提示することができる。
3. 研究疑問を明らかにする適切な研究手法が選択できる。
4. 選択した研究手法について、正しく実施できる。
5. 実現性、倫理性等を考慮しながら、研究内容・方法に修正を加えることができる。
6. データの分析、解釈が適切にできる。
7. 得られた結果を適切に臨床に応用することができる。 
授業計画 第1回 オリエンテーション
【学ぶべき内容】
1. 文献の検索とcritique(critical review)
2. 研究デザイン:質的研究と量的研究の方法論の違い
3. 量的研究法と質的研究法の展開(さまざまな研究手法)
4. 尺度の使用と選択基準
5. 臨床データの処理方法
6. アウトカム研究(臨床試験)の実施方法
7. 研究の倫理
【テーマについて】
○ 個人の選択するテーマでよい。
○ CNSとして役立つであろう、臨床研究(新しい介入方法を実施して、結果を評価する)を実施するとよい。
○ CNSとして役立つであろう、臨床での実態を示す記述研究もよい。
第2回 ゼミでの発表
第3回 ゼミでの発表
第4回 ゼミでの発表
第5回 ゼミでの発表
第6回 ゼミでの発表
第7回 ゼミでの発表
第8回 ゼミでの発表
第9回 ゼミでの発表
第10回 ゼミでの発表
第11回 ゼミでの発表
第12回 ゼミでの発表
第13回 ゼミでの発表
第14回 ゼミでの発表
第15回 ゼミでの発表 
教科書・参考書等 共通科目「看護研究」で指定されたテキストを使用すること。
(参考)
・ D.F.ポーリット, B.P.ハングラー著、近藤潤子監訳:看護研究(第2版) 原理と方法. 医学書院
・ ホロウェイ+ウィーラー著、野口美和子監訳:ナースのための質的研究入門(第2版). 医学書院 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
授業概要参照 
履修上の注意
受講条件等
慢性疾患看護専門看護師コースの学生のみ 
成績評価の基準等 主体的に研究プロセスを踏んだかどうか  60%
成果物(修士論文)の内容        40% 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ