広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医歯薬保健学研究科博士課程前期保健学専攻
講義コード TA152701 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 慢性疾患ケア看護学実習3
授業科目名
(フリガナ)
マンセイシッカンケアカンゴガクジッシュウ3
英文授業科目名 Practicum on Chronic Care Nursing 3
担当教員名 森山 美知子
担当教員名
(フリガナ)
モリヤマ ミチコ
開講キャンパス 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
訪問看護ステーションや在宅支援診療所での実習、
実習カンファレンス 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 慢性疾患看護専門看護師コース 2年次生
授業のキーワード 専門看護師の機能・役割、Advanced Practice、サブスペシャリティ、在宅ケア 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 【全体の目標】
さまざまな問題を抱える慢性疾患をもつ者及びその家族に対して、理論的・倫理的基盤に基づいた高度な専門看護実践を展開する能力を養うとともに、慢性疾患看護領域での教育支援、コンサルテーション、コーディネーション能力を身につける。加えて、慢性疾患看護領域での家族を含む患者集団のケアの質向上のためのアウトカムマネジメントを現場の管理者及びスタッフと連携して開始し、ベストプラクティスを提供するためのChange Agentとしての手法の基礎を身につける。
【実習3の目標】
慢性維持期、回復期又は終末期にある慢性疾患を有する患者及びその家族への、在宅での支援方法を学ぶ。また、この実習を通して、急性期から終末期までの医療・看護の連続性と医療機関と在宅との連携、医療システム全体を俯瞰できるようになる。
【到達目標】
慢性疾患をもつ患者及び家族に対する在宅での支援技術を学ぶ。
(1) 在宅で療養する患者・家族の総合的かつ包括的なアセスメントを学ぶ。ここには、ヘルスアセスメント、環境アセスメント、サービスニーズ・社会資源のアセスメント、家族アセスメントを含む。
(2) 介護保険制度、訪問看護制度など、在宅療養に必要な社会保障制度について理解を深める。また、これらの社会資源の活用と連携の仕方について学ぶ。
(3) 患者・家族等への教育と調整の下、在宅療養での目標設定が適切にできる。そのための、周囲との調整も経験する。
(4) 在宅での看護の支援技術を学ぶ。
(5) 在宅療養における高度な倫理調整(アドバンスディレクティブを含む)、ケアコーディネーション、コンサルテーションの実際を学ぶ。
(6) 在宅エンド・オブ・ライフケアについて学びを深める。 
授業計画 実習要項参照 
教科書・参考書等 特論及び演習で用いたテキスト、各種診療ガイドライン、治療マニュアル、検査マニュアル、薬剤の本 
授業で使用する
メディア・機器等
実習 
予習・復習への
アドバイス
実習要項を参照 
履修上の注意
受講条件等
慢性疾患看護専門看護師コース学生のみ履修可 
成績評価の基準等 出席(態度を含む。原則として欠席は認めない。) 40%
日々の実習記録  20%
学習目標達成状況報告書  40%  
評価基準は実習要項に示す。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ