広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医歯薬保健学研究科博士課程前期保健学専攻
講義コード TA152301 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 慢性疾患ケア看護学演習1
授業科目名
(フリガナ)
マンセイシッカンケアカンゴガクエンシュウ1
英文授業科目名 Seminar on Chronic Care Nursing 1
担当教員名 森山 美知子,加澤 佳奈
担当教員名
(フリガナ)
モリヤマ ミチコ,カザワ カナ
開講キャンパス 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 金1-4
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 専門看護師(慢性疾患看護)コース学生
授業のキーワード 包括的ヘルスアセスメント、問題解決技法、診断、治療、心理社会面のアセスメント、
社会資源活用のアセスメント 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 【授業の目標】
 慢性疾患をもつ人の身体・心理社会面を含めた包括的なヘルスアセスメント、社会資源の活用に関するニーズアセスメントを学ぶ。
【到達目標】
1.慢性疾患をもつ人のヘルスアセスメントを学び、問題解決技法が展開できる。
2.代表的な慢性疾患の病態生理と診断基準、疾病ステージに応じた治療/薬物等管理について学ぶ。加えて、治療やケア選択の判断根拠となる基準等について学ぶ。
3.慢性疾患をもつ人の心理社会面のアセスメントが実施できる。
4.慢性疾患をもつ人の社会資源の活用及び治療環境に関するニーズアセスメント及びナーシングケースマネジメントについて学ぶ。
【授業展開】
各種疾患の診療ガイドラインを基礎に、身体・心理・社会的な面からの包括的ヘルスアセスメントを学ぶ。専門看護師(候補)等の講義によるアセスメントと治療ケアの選択を中心に展開し、病態生理や診断基準、治療薬剤の選択等について、専門医の助言を得る。 
授業計画 【第1回】
ヘルスアセスメント:慢性疾患の特徴と問題解決の展開方法
活用可能な診療ガイドライン、各種アセスメントツールの特徴の理解
【第2回・第3回】
ヘルスアセスメント(1):呼吸器
疾病ステージによる病態生理・診断基準の理解と治療・ケア選択に関するアセスメント
【第4回・第5回】
ヘルスアセスメント(2):糖尿病・内分泌
疾病ステージによる病態生理・診断基準の理解と治療・ケア選択に関するアセスメント
【第6回・第7回】
ヘルスアセスメント(3):循環器(山本秀也(診断)・木原康樹(治療))
疾病ステージによる病態生理・診断基準の理解と治療・ケア選択に関するアセスメント
【第8回】
ヘルスアセスメント(4):腎
疾病ステージによる病態生理・診断基準の理解と治療・ケア選択に関するアセスメント
【第9回・第10回】
ヘルスアセスメント(5):神経難病
疾病ステージによる病態生理・診断基準の理解と治療・ケア選択に関するアセスメント
【第11回・第12回】
ヘルスアセスメント(6):脳神経系(主に、高次脳機能障害)
高次脳機能障害のアセスメントとその治療及びリハビリテーション
※9月第1週に3日間:広島県立リハビリテーション病院で高次脳機能障害患者家族支援プログラムの研修を行う。
【第13回・第14回】
心理・社会的要因のアセスメント
・QOL尺度、心理測定尺度、社会機能などの評価尺度 等
・行動変容と療養の継続に関するリスク特性のアセスメント
【第15回】
地域で療養を継続していくための、社会資源活用に関するニーズアセスメント
・社会資源の必要に関するアセスメントとナーシングケースマネジメント(退院調整と在宅療養のアセスメントと調整)
・慢性疾患をもつ者の地域社会支援体制を含む治療・療養環境のアセスメントを学ぶ。

ヘルスアセスメントの試験
・学内, 模擬患者と教員、学生の日程がある日を設定。2時間を確保する。 
教科書・参考書等 ・各種診療ガイドライン, 疾患に関する専門書
・Kuebler, Davis, Moore. (2005). Palliative Practices: An interdisciplinary approach. Elsevier Mosby.
・Lynn S. Bickley著, 福井次矢, 井部俊子日本語版監修:ベイツ診察法 Bates’ Guide to PhysicalExamination and History Taking. (9th ed.). メディカル・サイエンス・インターナショナル
<参考>
・宇都宮宏子編:これからの退院支援・退院調整:ジェネラリストナースがつなぐ外来・病棟・地域, 日本看護協会出版会 他 
・医療福祉総合ガイドブック, 医学書院
・障害者に対する支援と障害者自立支援法, 学文社
・高齢者ケアプラン(MDS). インターライ方式 ケア アセスメント, 医学書院 他 
・高齢者総合的機能評価
・各種疾患の治療や診断に関するDVD(研究室内に整備)
<その他>
● 病態生理、治療指針、治療薬、臨床検査 に関する参考書は個人で有しておくこと
● 診療ガイドラインをMindsや東邦大学データベースで引き出す。必要なものは必ず読むこと。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
【事前課題】
・各代表疾患の診療ガイドラインを学習して臨む。
【事後課題】
・実際の事例展開について、練習を繰り返すこと。
・臨床等に出て、アセスメントのトレーニングを行うこと。 (最低5例は行う。作成したSOAPノートについては助言をする。) 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 出席率と授業への貢献度(参加度)  60%
実技試験(ヘルスアセスメントとケアプランに基づいた療養指導) 40% 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ