広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医歯薬保健学研究科博士課程前期保健学専攻
講義コード TA151501 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 がん看護学実習4
授業科目名
(フリガナ)
ガンカンゴガクジッシュウ4
英文授業科目名 Practicum on Oncology Nursing 4
担当教員名 宮下 美香
担当教員名
(フリガナ)
ミヤシタ ミカ
開講キャンパス 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
野外実習 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 医歯薬保健学研究科博士課程前期 がん看護専門看護師コース学生
授業のキーワード がん、専門看護師、役割開発、活動戦略 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 がん看護専門看護師としての役割遂行能力を養うことを主な目標とし、がん看護専門看護師の実際の活動を通じ、がん看護専門看護師の役割(実践、相談、調整、倫理調整、教育、研究)を学び、活動戦略および役割開発などの今後の発展について考察することを目的とする。 
授業計画 【内容】
1.高度がん看護実践
 高度がん看護実践である患者への卓越した直接ケアについて、がん看護専門看護師の指導・実践を通じ学ぶ。
2.スタッフへの教育と相談
 スタッフ看護師に対する教育方法と教育内容、スタッフ看護師および他の医療専門職者からの相談への対応について、がん看護専門看護師の指導のもとで学ぶ。
3.調整とリーダーシップ/管理
 医療福祉の仕事に携わる専門職者の間において、質の高い看護援助の提供のために行われる調整を学ぶ。また、リーダーシップ/管理の内容と役割の果たし方を、地域、組織、チームにおけるがん看護専門看護師の活動を通じ学ぶ。
4.倫理調整
 個人、家族及び集団の権利の保護に関して、倫理的な問題や葛藤の解決法をがん看護専門看護師の活動を通じ学ぶ。
5.自律性
 高度実践看護師であるがん看護専門看護師として、自律的な働き方と時間管理、記録・報告書の作成法について学ぶ。
【実習施設】
国立大学法人 千葉大学医学部附属病院
地方独立行政法人 岐阜県立多治見病院
【実習期間】 平成26年5月~ 7月の間の2週間
【実習時間数】 90時間 
教科書・参考書等 【参考書】
Harmic, AB., Spross, JA., hanson, CM. Advanced practice nursing An integrative approach, 4th ed. Saunders Elsevier, Missouri, 2009. 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
がん看護専門看護師の役割について、事前学習を行ってください。 
履修上の注意
受講条件等
受講者はがん看護専門看護師コースの学生とする。 
成績評価の基準等 出席(実践状況):20%、記録:30%、レポート:30%、総合評価:20%
【レポート課題】「がん看護専門看護師の役割、活動戦略および今後の発展」
【提出期限】実習終了後2週間以内
【提出場所】宮下のメイルボックス 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ