広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医歯薬保健学研究科博士課程前期保健学専攻
講義コード TA151201 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 がん看護学実習1
授業科目名
(フリガナ)
ガンカンゴガクジッシュウ1
英文授業科目名 Practicum on Oncology Nursing 1
担当教員名 宮下 美香
担当教員名
(フリガナ)
ミヤシタ ミカ
開講キャンパス 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
野外実習 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 医歯薬保健学研究科博士課程前期(がん看護専門看護師コース)学生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 がん医療における診断、治療に伴う臨床判断の実際を学び、臨床判断能力と身体管理能力を養うことを主な目標とし、診断、治療に伴う臨床判断に必要な情報を正確に収集する知識と技術を身につけ、エビデンスに基づき、対象の意向も考慮した上で、的確な臨床判断と身体管理を行う能力を身に付ける。 
授業計画 【内容】
1.診断・治療に伴う臨床判断
 がん薬物治療を受ける患者および放射線治療を受けるがん患者に対し、疾患や診断・治療に関する医学的な知識に基づき、身体審査、検査データ等の客観的データと患者の症状等の主観的データを適切に収集し、根拠に基づく的確な臨床判断を行う。
2.患者の身体管理
 がんやがん治療による身体・心理社会的な影響、併存症等の健康問題について、的確な臨床判断のもと、最新のエビデンスやガイドラインを効果的に活用し、医師との協働により必要な医療処置を行い、患者のセルフケア能力、意向も考慮に入れ、適切に身体管理を行う。
【実習施設】 国立大学法人 広島大学病院(がん化学療法科、放射線治療科)
【実習期間】
平成29年10月~12月(がん化学療法科では、3週間に渡り、毎週2回、外来の診療時間帯とする。放射線治療科では、2週間に渡り、毎週3日とする。)
【実習時間数】 108時間 
教科書・参考書等 【参考書】
国立がんセンター内科レジデント編. (2016). がん診療レジデントマニュアル(第7版). 医学書院, 東京. 
授業で使用する
メディア・機器等
配布資料 
予習・復習への
アドバイス
病態生理、診断、治療についての知識とフィジカルアセスメントの技術を身に付けた上で、実習に臨んで下さい。 
履修上の注意
受講条件等
受講者はがん看護専門看護師コースの学生とする。 
成績評価の基準等 出席(実践状況):20%、記録:30%、レポート:30%、総合評価;20%
【レポート課題】「がん患者の診断・治療に伴う臨床判断と身体管理の実際」
【提出期限】実習終了後2週間以内
【提出場所】宮下のメイルボックス 
メッセージ 詳細は実習要項を参照 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ