広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医歯薬保健学研究科博士課程前期保健学専攻
講義コード TA150801 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 がん看護学特論4
授業科目名
(フリガナ)
ガンカンゴガクトクロン4
英文授業科目名 Lecture on Oncology Nursing 4
担当教員名 宮下 美香
担当教員名
(フリガナ)
ミヤシタ ミカ
開講キャンパス 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 金1-2
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 保健学
対象学生 医歯薬保健学研究科博士課程前期(がん看護専門看護師コース)学生
授業のキーワード がん 苦痛症状 苦悩 緩和ケア 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 1)がんがもたらすあらゆる苦痛症状および苦悩を包括的に理解し、ケアとキュアを統合したエビデンスに基づく援助を提供する能力を身につけ、リソースを活用した介入の展開法を探求する。
2)End of Life Care、家族のグリーフワークを学び、終末期がん患者・家族のQOL維持向上に寄与する援助法を探求する。 
授業計画 第1回 Evidence-Based Symptom Management(宮下美香)
第2回 がんに関連した苦痛の予防、アセスメントと援助法(宮下美香)
第3回 がん疼痛の予防、アセスメントと援助法(宮下美香)
第4回 がん疼痛の予防、アセスメントと援助法(宮下美香)
第5回 症状クラスターのアセスメントと援助法(宮下美香)
第6回 緩和ケアと症状マネジメント(恒藤暁)
第7回 緩和ケアと症状マネジメント(恒藤暁)
第8回 緩和ケアにおける地域連携(宇野さつき)
第9回 地域における終末期がん患者と家族への援助法(宇野さつき)
第10回 緩和ケアの本質と課題(阿部まゆみ)
第11回 緩和ケアの本質と課題(阿部まゆみ)
第12回 喪失とグリーフケア(阿部まゆみ)
第13回 看取りのケア(阿部まゆみ)
第14回 看取りのケア(阿部まゆみ)
第15回 Terminal Sedation(小原弘之) 
教科書・参考書等 【講義形式】講義中心
【テキスト】
Yarbro, C.H., Wujcik, D., & Gobel, B.H. (Editors) (2018). Cancer Nursing:: Principles and Practice (8th ed.). Burlington MA: Jones & Bartlett Learning.
Ferrell, B.R., Coyle, N. (Editors)(2010). Textbook of Palliative Nursing(3rd ed.). New York: Oxford University Press. 
他適宜指示する。
【参考書】
小島操子, 佐藤禮子監訳. (2007). がん看護コアカリキュラム(第1版). 医学書院, 東京.
Kuebker, K.K, Davis, M.P., & Moore, C.(2005). Palliative Practices: An Interdisciplinary approach. St. Louis, MO, Elsevier Mosby. 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
授業前に教科書・参考書・インターネットにて予習して下さい。 
履修上の注意
受講条件等
受講者はがん看護専門看護師コースの学生とする。 
成績評価の基準等 授業への参加状況:30%、レポート:70%
【レポート】がんがもたらす苦痛症状・苦悩のアセスメントと援助法(詳細は配布資料参照)。
【評価】アセスメントと援助法の説明の妥当性と適切性、取り上げた論文に対する解釈・説明・批評の的確さによりにより評価する。 
メッセージ 講師の都合により日時の変更あり 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ