広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 医歯薬保健学研究科博士課程前期口腔健康科学専攻
講義コード TA123101 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 生体構造・機能修復学研究
授業科目名
(フリガナ)
セイタイコウゾウ・キノウシュウフクガクケンキュウ
英文授業科目名 Research on anatomy and functional
担当教員名 里田 隆博,下江 宰司
担当教員名
(フリガナ)
サトダ タカヒロ,シモエ サイジ
開講キャンパス 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 集中
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
実験系を自分で構築し,論文作成の指導. 
単位 4 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 27 : 歯学
対象学生 口腔健康科学専攻2年生
授業のキーワード 摂食嚥下,神経トレーサー,修復法,接着システム 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 クリニカルコース・リサーチコースの学生各自に与えた研究テーマについて,生体構造・機能修復学演習AもしくはBを通じ明確にした命題に対して,各自考案した研究理論,手法を用いて実際的な実験系を構築し,解明することを学ぶことを目標とする。 
授業計画 (里田教授)
摂食嚥下機能に関する神経学的研究の基礎的研究,すなわち神経トレーサーによる実験系,免疫組織化学的方法による神経ペプチドの検出などにより,実験系を確立し,動物実験を中心として,神経回路網に関して研究指導を行う。
(下江准教授)
機能修復における最新の修復法,材料,接着システムなどに関連した臨床研究または基礎的研究の遂行を補助し,クリニカルコースでは臨床エビデンス,リサーチコースではロジカルな研究展開につなげるように研究指導を行う。 
教科書・参考書等 必要に応じて,図書館や教室の学術雑誌や教科書などを参考にする。 
授業で使用する
メディア・機器等
参考論文,書籍などを用いて,研究の方針を指導します. 
予習・復習への
アドバイス
自分で,問題点を解決するようにしてください. 
履修上の注意
受講条件等
特になし 
成績評価の基準等 授業目標の到達度,研究発表内容,学会発表状況などから総合的に判断する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ