広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 教育本部(大学院共通科目)
講義コード 8C010001 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 学問と社会
授業科目名
(フリガナ)
ガクモントシャカイ
英文授業科目名 Progress of Studies and Development of Society
担当教員名 於保 幸正,平木 秀作,今村 詮,中田 高,田中 久男,田中 春彦,渡邉 敏正,廣川 健,植木 研介,大杉 節
担当教員名
(フリガナ)
オホ ユキマサ,ヒラキ シュウサク,イマムラ アキラ,ナカタ タカシ,タナカ ヒサオ,タナカ ハルヒコ,ワタナベ トシマサ,ヒロカワ タケシ,ウエキ ケンスケ,オオスギ タカシ
開講キャンパス 東千田 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 火11-12:東千田ミーティングルーム3-1
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 21 : 初年次教育
対象学生 全研究科の大学院生
授業のキーワード 学問,社会,文学研究,アメリカ社会,科学,エネルギー,環境問題,地質学,地球環境,生物,地殻変動,岩石,災害,資源,活断層,地震,防災,バイオテクノロジー,分析化学,計算化学,分子構造,化学反応,量子科学,放射線科学,コンピュータ,アルゴリズムデザイン,情報処理,データ構造,自動車,生産管理 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 現代の社会問題に学問の進歩が果たした役割について講義する。 
授業計画 第1回
4月11日
於保幸正
オリエンテーション 地質学と社会-環境変遷と生物の進化-

第2回
4月18日
田中久男
アメリカ社会と文化

第3回
4月25日
田中久男
アメリカ文学におけるリージョナリズムと人種の諸相

第4回
5月9日
植木研介
イギリス・ビクトリア朝文学研究と日英比較文化論 

第5回
5月16日
田中春彦
科学と社会-エネルギー・環境問題を中心に-

第6回
5月23日
於保幸正
地質学と社会 -岩石と人間生活との係わり-

第7回
5月30日
大杉 節
放射線科学

第8回
6月6日
廣川 健
バイオテクノロジーと分析化学

第9回
6月13日
中田 高
活断層と地震 -活断層から地震を探る-

第10回
6月20日
中田 高
活断層と地震 -活断層と防災- 

第11回
6月27日
今村 詮
計算化学

第12回
7月4日
渡邉敏正
コンピュータの素顔とアルゴリズムデザイン -コンピュータの機能(ハードウェア)と情報処理の仕組み(ソフトウェア)-

第13回
7月11日
渡邉敏正
コンピュータの素顔とアルゴリズムデザイン -情報の収納方法(データ構造)や処理手順(アルゴリズム)-

第14回
7月18日
平木秀作
科学的経営管理

第15回
7月25日
平木秀作
自動車の生産管理


 

  
教科書・参考書等 必要に応じ,ハンドアウト,レジュメ,プリント等を配付する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料
(音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料)等を用いる場合がある。)
 
予習・復習への
アドバイス
特になし。 
履修上の注意
受講条件等
広島大学大学院共通授業科目として開講するので,全研究科の大学院生を受講対象とする。 
成績評価の基準等 授業や討議への積極的な参加の程度(40%)と、レポートの評価(60%)を総合して評価する。  
メッセージ 特になし。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ