広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 グローバルキャリアデザインセンター(大学院共通科目)
講義コード 85024001 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 リーダーシップ手法-キャリア開発の視点から-
授業科目名
(フリガナ)
リーダーシップシュホウ-キャリアカイハツノシテンカラ-
英文授業科目名 Skills and Arts of Leadership
担当教員名 三須 敏幸
担当教員名
(フリガナ)
ミス トシユキ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 月7-8:西図書館グループ閲覧室104
授業の方法 講義・演習 授業の方法
【詳細情報】
講義を踏まえたグループディスカッション、演習、事例研究 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 21 : キャリア教育
対象学生 博士課程前期/後期学生(分野を問わない)
授業のキーワード キャリア、スキル、コミュニケーション、リーダー、フォロワー、ビジョン 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 授業の目標・概要等 組織でメンバーをリードして仕事を進めるのみならず、自身のキャリア開発と自己実現を図る上でもリーダーシップ力は不可欠である。本講座では、まず将来のキャリアパスの可能性と社会の多様な場で活躍するために必要な能力について概観し、自己実現にむけた自身の強みと弱みを理解する。その上で、国内外のリーダーの実像を通じて、リーダーとなるために何が必要なのかについて考える。また、リーダーシップを発揮するために必要な素養について実例と演習を通じて理解を深めるとともに、大学における研究活動を通じて自らのリーダーシップ力を向上させるために何ができるかを考える。授業の全編を通じて、クラス参加者での積極的なグループ討議とディスカッションを行う。 
授業計画 第1回 オリエンテーション 〜将来のキャリアパスと必要となる能力〜
第2回 トランスファラブルスキルとリーダーシップ
第3回 リーダーシップについて考える 〜ビジョンと姿勢〜
第4回 リーダーシップについて考える 〜リーダーとフォロワーの関係性〜
第5回 リーダーシップについて考える 〜ヒューマンスキル〜
第6回 リーダーシップを理解するための演習とグループ討議
第7回 リーダーシップを理解するための演習とグループ討議
第8回 リーダーシップ力を向上させるために、これから何をすべきか? 
    〜自己評価とアクションプランの作成〜

学習記録及び課題の提出、自己評価・アクションプラン等の作成を予定 
教科書・参考書等 授業中に講義資料および参考資料を例示、配布する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
事前に自身の今後のキャリアについて考えるとともに、身の回りのリーダーやリーダーをサポートする人たちを観察し、その特徴について良く考えておいて下さい。 
履修上の注意
受講条件等
積極的に議論に参加し、他者を尊重すること。
(20名) 
成績評価の基準等 授業やディスカッションへの参加姿勢(30%)、学習記録・課題(40%)、自己評価•アクションプラン(30%)に基づき総合的に評価する。 
メッセージ 積極的に授業に参加し、自らの意見を示し、異なる考え方を理解する姿勢が必須である。
内容としては、博士課程後期学生等若手研究者のレベルにも対応している。
 
その他 履修に関する問い合わせは、maxmisu@hiroshima-u.ac.jp(担当教員:三須)及びwakateyousei@office.hiroshima-u.ac.jp(グローバルキャリアデザインセンター(若手研究人材養成担当))までメールをください。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ