広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 ライティングセンター(大学院共通科目)
講義コード 8A000701 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 科学者のための英語プレゼンテーション術
授業科目名
(フリガナ)
カガクシャノタメノエイゴプレザンテーションジュツ
英文授業科目名 English Presentation Technique for Scientists
担当教員名 河本 健
担当教員名
(フリガナ)
カワモト タケシ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中:図書館ライブラリーホール
授業の方法 講義・演習 授業の方法
【詳細情報】
スライドおよびビデオを使いながら講義を行います。受講生による発表も含まれます。 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 21 : 初年次教育
対象学生  
授業のキーワード プレゼンテーション、学会発表、科学英語 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 学会発表などの科学プレゼンテーションの組み立てには一定の型があり、それに従って行うのが最も効果的である。本講義では、国立遺伝学研究所の大学院講義プログラムEnglish for Scientistから教材をご提供いただいたサンプルプレゼンテーションを題材に9つのポイントを学習する。受講者同士での討論を通して学習した後、各自のプレゼンテーションを行う。 
授業計画 第1回科学プレゼンテーション構成要素1
科学プレゼンテーションで一番大事なのは、全体の構成です。まずは、Conclusion(結論)は何かを考えます。次に、それにマッチするKey Question(具体的な疑問)を考えます。そして、そこに至るための展開法がPerspective Frame (Big Picture)です。
第2回科学プレゼンテーション構成要素2
プレゼンテーションの構造の基本は、「序論」「本論」「結論」です。それぞれ、3つずつのポイントを取り上げます。①Key Questionは早く明確に示す。②Key Questionを抱く動機を示す。③Perspective FrameとKey Questionの乖離に注意する。④分かりやすいstory lineを作る。⑤背景・方法・結果は、実験ごとにコンパクトにまとめる。⑥データを視覚化する。⑦「結論」は「結果」の繰り返しとは異なる。⑧Key Questionに対応する「結論」を示す。⑨最後は Perspective Frame に戻ろう。
第3回プレゼンテーションに役立つ小技1
科学プレゼンテーションで「結論を明確に伝える」ためには、結論を先に述べる事が重要です。また、「流れを作る」コツは、情報をold→newの順に示していく文の組み立てをすることです。
第4回「図を分かりやすく説明する」ために有効な方法として、全体から詳細へ、馴染みのあるものから無いものへというテクニックがあります。内容を分かりやすくするためには、「Signpostを活用する」ことが重要です。 Signpostとなるものとしては、つなぎ表現、時間経過の表現、論理性を示す表現などがあります。
第5回受講生によるプレゼンテーション1
発表10分、討論20分のスケジュールで実施します。
第6回受講生によるプレゼンテーション2
ス発表10分、討論20分のスケジュールで実施します。
第7回受講生によるプレゼンテーション3
発表10分、討論20分のスケジュールで実施します。
第8回総合討論
受講生による発表の総括、よくある問題点、特に注意する点についての復習等を行います。

なし 
教科書・参考書等 【教科書】なし
【参考書】
遺伝研メソッドで学ぶ科学英語プレゼンテーション、平田たつみ/タジ・ゴルマン/広海健(著)、 dZERO(インプレス)
プレゼン英語動詞使い分け辞典 [Kindle版]:河本健/大武博著(Amazon) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料)
できるだけパソコンを持参して下さい。 
予習・復習への
アドバイス
各自スライドを使った10分のプレゼンテーションの準備を行うこと。
 
履修上の注意
受講条件等
日時:8月8日 9:00-17:00
    8月9日 9:00-16:30
各自スライドを使った10分のプレゼンテーションの準備を行うこと。
教材は生命科学領域のものを使用しますが、他の分野の参加も歓迎します。
定員20名 
成績評価の基準等 課題等の提出、授業への積極的な参加などを総合的に勘案する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ