広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 ライティングセンター(大学院共通科目)
講義コード 8A000601 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 英語論文読解演習
授業科目名
(フリガナ)
エイゴロンブンドッカイエンシュウ
英文授業科目名 Advanced Seminar on Reading of English Academic Papers
担当教員名 河本 健
担当教員名
(フリガナ)
カワモト タケシ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 木9-10:図書館ライブラリーホール
授業の方法 講義・演習 授業の方法
【詳細情報】
演習、講義、ディスカッション、プリント使用、スライド使用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 21 : 初年次教育
対象学生  
授業のキーワード 英語論文 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 学術論文は知の最前線であるが、それを人類全体で共有するためには、英語で書かかれていることが必須である。学術雑誌の論文は、限られたスペースでコンパクトにまとめる必要があるので、分野を超えて共通の型が用いられることが多い。また、そこには日本語とはやや異なる英語のロジックも存在する。本演習では、将来英語で論文を書くことを念頭に置いて、学術英語論文でよく見られる構成やパターンを確認しながら、英語論文をロジカルに読むことを学ぶ。 
授業計画 第1回英文パラグラフの特徴と英語のロジック
英文はパラグラフ単位で構築することが原則であり、そのための基本的なルールやパターンが存在する。
第2回英語論文の構成要素
英語論文の構成の基本は、 Introduction, Methods, Results, and Discussion (IMRaD)である。これ以外のパターンの論文でも、 IMRaD型に準じて書かれることが多い。
第3回Abstractの特徴
Abstractは、「背景、目的、方法、結果、結論」を1パラグラフで書くことが多い。そのバリエーションについて検討する。
第4回Introductionの特徴
Introductionの要素は、「対象の紹介、着眼点、大きな目標、当面の目的、研究の紹介」からなることが多い。その組み立ては、「対象の紹介」を中心とするパート、「目的や着眼点」を中心とするパート、「研究の紹介」を中心とするパートの3部構成が基本である。
第5回Methodsの特徴
行った研究の方法を、他の研究者が再現できるように、項目別にできるだけ客観的に述べる。
第6回Resultsの特徴
Resultsの必須要素は、「データとその解析結果の提示」である。実際の構成は、各セクションごとに、イントロとまとめを加えた3部構成が多い。
第7回Discussionの特徴
Discussionに必須な要素は、結果の検討と Introductionで提示した目的に対する答えである。構成的には、1.結果のまとめ、2.結果の検討、3.将来展望、3部からなるものが多い。
第8回Figure legendsの特徴
Figure legendsは、論文を理解するために決定的に重要な要素である。 Figure legendsを頼りに図を単独で見て、内容が分かるように述べる必要がある。ただし、解釈の解釈については述べない。
第9回論文読解演習(1)
受講者が持参した論文の読解を行う。読解演習は、講義と平行して毎週行う。
第10回論文読解演習(2)
受講者が持参した論文の読解を行う。読解演習は、講義と平行して毎週行う。
第11回論文読解演習(3)
受講者が持参した論文の読解を行う。読解演習は、講義と平行して毎週行う。
第12回論文読解演習(4)
受講者が持参した論文の読解を行う。読解演習は、講義と平行して毎週行う。
第13回論文読解演習(5)
受講者が持参した論文の読解を行う。読解演習は、講義と平行して毎週行う。
第14回論文読解演習(6)
受講者が持参した論文の読解を行う。読解演習は、講義と平行して毎週行う。
第15回論文読解演習(7)
受講者が持参した論文の読解を行う。読解演習は、講義と平行して毎週行う。

レポート提出あり 
教科書・参考書等 【教科書】
特になし
【参考書】
 これから論文を書く若者のために 究極の大改訂版:酒井聡樹(共立出版)
 ライフサイエンス辞書プロジェクト(http://lsd-project.jp/ja/index.html)
 ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法1概略編 [Kindle版]:河本健著(Amazon)
 ライフサイエンス辞書英語共起表現検索の活用法2動詞編 [Kindle版]:河本健著(Amazon)
 ライフサイエンス英語表現使い分け辞典第2版:河本健/大武博編(羊土社) 
授業で使用する
メディア・機器等
パソコン、スライド、Webブラウザ。
受講生から集めた論文から、数編を選んで教材とします。 
予習・復習への
アドバイス
自分の研究と関連のある論文を集めましょう。 
履修上の注意
受講条件等
授業は日本語で行います。
お手本にしたい論文を準備しておいて下さい。各自、選んだ論文を講義中に解説してもらいます。
定員25名 
成績評価の基準等 課題等の提出、授業への積極的な参加などを総合的に勘案する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ