広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 教養教育
講義コード 63063001 科目区分 基盤科目
授業科目名 数学演習II[1工四]
授業科目名
(フリガナ)
スウガクエンシュウ2
英文授業科目名 Seminar in Basic Mathematics II
担当教員名 柴田 徹太郎
担当教員名
(フリガナ)
シバタ テツタロウ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 木1-2:工107
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心,板書多用 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 数学・統計学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
関連するプログラム 
教養教育又は
パッケージの中での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 前期の「数学演習I」に引き続き,微分積分学・線形代数学に関する問題の演習を通じて,思考力・表現力・計算力を養う. 
授業計画 【授業計画の一例】
第1回 偏導関数(1)
第2回 偏導関数(2)
第3回 幾何ベクトル・空間図形
第4回 線形空間
第5回 線形独立・線形従属
第6回 極値問題
第7回 陰関数・条件付き極値問題
第8回 基底・次元
第9回 線形写像・線形変換
第10回 重積分・累次積分の計算(1)
第11回 重積分・累次積分の計算(2)
第12回 固有値・行列の対角化(1)
第13回 固有値・行列の対角化(2)
第14回 面積・体積
第15回 まとめ

第16回:期末試験 
教科書・参考書等 教科書は開講時に担当教員が指定する. 
授業で使用する
メディア・機器等
教科書,配付資料,映像 
予習・復習への
アドバイス
既習事項の復習とともに,未習事項の予習にも努めること. 
履修上の注意
受講条件等
「微分積分学I」・「線形代数学I」の知識を前提する.
受講制限が設定されている場合があるので,再履修者はクラスの選択に注意すること. 
成績評価の基準等 試験・提出物・演習点等により評価する.詳細は担当教員が指示する. 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ