広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2017年度 開講部局 国際センター
講義コード 8B000320 科目区分 専門教育科目
授業科目名 研究指導IIB
授業科目名
(フリガナ)
ケンキュウシドウIIB
英文授業科目名 Research Tutorial IIB
担当教員名 関崎 真也
担当教員名
(フリガナ)
セキザキ シンヤ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 集中
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心 
単位 4 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 25 : 電気システム制御工学
対象学生 森戸高等教育学院3+1プログラムの学生
授業のキーワード 論文作成 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 学術論文を作成するための基礎を身につけ,派遣元大学へ提出する論文の作成をとおして,基礎研究能力の修得・向上を目指す。 
授業計画 森戸高等教育学院3+1プログラムの特別聴講学生としての,これまでの研究の進捗状況をチェックするとともに,論文の作成に向けて研究を進めていくうえでの課題を整理する。
それを踏まえて,指導教員より,必要に応じて課題解決に向けた教育的,学術的視座からの指導を行う。
その後は,論文作成に向け指導教員による研究指導を継続しつつ,随時,研究内容に関するディスカッションを行い研究の進捗状況をチェックするとともに,論文作成に関する指導・助言を行う。
最終的に,研究内容に関する最終レポートを作成し,発表する。
(1)現在までの研究進捗状況の確認と課題の整理
(2)各学生の研究内容に関する指導・助言
(3)研究成果発表に関する指導・助言
(4)中間発表・成果確認
(5)中間発表・成果確認を踏まえて,各学生の研究内容に関する指導・助言
(6)中間発表・成果確認を踏まえて,研究成果発表に関する指導・助言
(7)最終レポート提出及び最終研究成果発表 
教科書・参考書等 研究課題に関連する文献等の資料 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
研究計画をしっかり立て、着実に成果を積み重ねていくこと。 
履修上の注意
受講条件等
森戸高等教育学院3+1プログラム学生のための授業科目。該当プログラム学生以外の学生は履修不可。 
成績評価の基準等 研究活動に対する姿勢と準備,ディスカッションや発表内容,最終レポートなどを総合的に評価する。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ